トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中島らも > 永遠も半ばを過ぎて

永遠も半ばを過ぎて(中島らも)

永遠も半ばを過ぎて(著者:中島らも)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)
  • 著者:中島 らも
  • ページ数:268
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4167585014
  • ISBN-13:9784167585013

永遠も半ばを過ぎて関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.12.21 作家の読書道 第121回:恒川光太郎さん

    独特の幻想的・民話的な世界観の中で、豊かなイマジネーションを広げていく作風が魅力の恒川光太郎さん。新作『金色の獣、彼方に向かう』もダークファンタジーの味わいと神話的な厳かな空気の混じった連作集。その読書歴はというと、やはりSFやファンタジーもお好きだった模様。沖縄移住の話やデビューの話なども絡めておうかがいしました。

  • 2004.5.1 中島らもインタヴュー 憂鬱とお笑いの星の下に

    ―― 中島さん,ご無沙汰です。もう三十二,三年になりますか,神戸のバンビいうたまり場で同席してたころからは。

中島らものその他受賞歴(候補含む)

永遠も半ばを過ぎて関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

booktitle_bot『永遠も半ばを過ぎて』中島らも
mrHlsH3Wqh1QKhA@Jplat_mae 「寂しい?寂しいって何だ?俺は知らない。」中島らも『永遠も半ばを過ぎて』より
care_wktkとうとう45歳か…さだまさしならば「birthday」を作曲した歳だし。中島らもだったら「永遠(とわ)も半ばを過ぎて」を書き上げた歳なのか…自分は。ま、目の前の介護ひとつひとつ行っていくしかあるまいな。それぞれの人生なのだから。織田信長だったら後3年で焼かれている歳なんだぞ。
NON_BLADE@rekopaa 俺の敬愛する故中島らも氏の「永遠も半ばを過ぎて」という小説の中に「寂しいってなんだ?俺には解らない」という下りがあるねんけど、ヒトの感情はさまざまやからええんとちゃうかな?...と、思います。
shirator@mrHlsH3Wqh1QKhA 僕は親元離れたばかりの頃は寂しかったですが、今はほぼ寂しさ無いんですよね。人によって考え方、ライフスタイルは違いますし。寂しくないですか?と聞く人は寂しがり屋なのかもしれないです。… https://t.co/m0IwD3O10V
kuturogiasino@SETSU_ZITSU 中島らも「永遠も半ばを過ぎて」白眉です。当時、作者が「クロスは黒で、箔押しのタイトルは銀」と提案したのですが、予算の都合で却下され、代案として生まれたのがこの装丁です。一冊だけ製本して(本文が書かれて… https://t.co/6OJ7OgDcgX
nuenonamae小皿に五、六粒の、紫色したニンニクが出された。爪楊枝で一粒口に放り込むと、かりかりと乙な味だ。ニンニクの匂いはどこにもない。ときどき思い出したようにそれをつまみながら、私は二杯めをゆっくりと飲んだ。中島らも「永遠も半ばを過ぎて」ニンニクの紫蘇漬け
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)