トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 五木寛之 > 青春の門

青春の門(五木寛之)

青春の門(著者:五木寛之)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:青春の門(第一部)筑豊篇(講談社文庫)
  • 著者:五木 寛之
  • ページ数:560
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061845950
  • ISBN-13:9784061845954

五木寛之新刊

  • 発売日
    2017年8月4日
  • 書名
    五木寛之の百寺巡礼ぬりえ 京都 I
  • 発売日
    2017年8月4日
  • 書名
    五木寛之の百寺巡礼ぬりえ 京都 II
  • 発売日
    2017年7月27日
  • 書名
    五木寛之とめぐる 金沢の四季ぬりえ

青春の門関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.1.23 五木寛之さん 小説「青春の門」 23年ぶり連載再開

    作家の五木寛之さんが、昭和44年に始めて平成6年から中断していた長編小説「青春の門」の連載を23年ぶりに再開することになり、23日に発売の週刊誌から掲載が始まります。五木さんは「主人公がふるさとに戻るまでを書ききりたい」と物語の完結に向けて意欲を見せています。

  • 2003.12.31 作家の読書道:第27回 歌野 晶午さん

    毎回、巧妙な仕掛けで読者をうならせる推理小説作家・歌野晶午さん。本年発表した『葉桜の季節に君を想うということ』では、警備員からパソコン教室の講師まで勤める"なんでもやってやろう屋"探偵、成瀬将虎が大活躍。その意外な結末に「ええっ!」とビックリした読者も多いはず。そんな歌野さんが、推理小説の醍醐味を知ったきっかけとは?読書の原点から作家デビューのエピソード、『葉桜~』の制作秘話(?)秘話も語ってくれました。

青春の門関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bunrizatu21<<NEW>>文系58%:1998年に発刊され、後に映画かもされた五木寛之の随筆は何聞く力大河の一滴●もものかんづめ大往生五木寛之の作品は「青春の門」「蒼ざめた馬を見よ」「生きるヒント」も知っておきましょう。
qmabungaku【文字パネル】五木寛之の小説で、福岡県の筑豊地方出身の主人公・伊吹信介の人生を描いているのは?□□□□┃鷺なの春墓┃┃青人門生朱┃→青春の門
ichiromatsui@moromisanba @quovadis1896 ◯五木寛之さんの詞に曲が公募され、八角さんの曲が当選作◯山崎ハコさんも詞が気に入り作曲したがシンガーソングライターとしてデビュー後だったので応募資格がなく五木さんに曲… https://t.co/Ij3yNWFglH
paiguniangao⇒五木寛之の『青春の門』で、上京した伊吹信介が「男同士でやることを知ってるか」と問われて「けんか」と答えた場面があったと思う。性的なニュアンスで問うた側は鼻で笑うんだけど、「けんか」という接触の方式はセックスの暗喩といっても差し支えないと思う。
qma_lsjnat_bot五木寛之の小説「青春の門」シリーズを連載された順⇒筑豊篇→自立篇→放浪篇→堕落篇→望郷篇→再起篇→挑戦篇→風雲篇 チクジ砲だ!(某最澄風) 単に頭覚えです。
takasugishinsa315日-2 青春の門、第七部挑戦編読了。第八部風雲編を読み始める。今のところ第8部が最後だが週刊現代で第九部の連載が始まっているらしい。しかし単行本や文庫本が出るのはしばらく先になるのではないか。次に読む本として古本屋で大人の時間を借りて来た。五木寛之シリーズ続行。人生の楽しみ。
qma_bot2【54】五木寛之の小説『青春の門』の主人公は伊吹信介である   ※間違い問題の青成瓢吉(あおなりひょうきち)は同作家の『人生劇場』の主人公です。青青×
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)