トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 羽田圭介

羽田圭介

羽田圭介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

羽田 圭介(はだ けいすけ、1985年。明治大学商学部卒業。
幼少時に車に轢かれた事があったが、奇跡的に命が助かったという経験を持つ。高校時代は毎日放課後に40km、自転車で走りトレーニングをしていた。将来の夢として実業団選手を目指しており、自転車で北海道まで走破したこともある。将来ツール・ド・フランスに出場する事を真剣に考えていた。
明治大学付属明治高等学校在学中の2003年、高校生と中学生の兄弟が憎み合い、「家庭内ストーキング」を繰り返すさまを独特の表現で描いた「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞。17歳での文藝賞受賞は堀田あけみ、綿矢りさと並んで当時3人目で、当時最年少だった。
その後は明治大学に進学し、アナウンサー研究会に入る。2006年受賞第一作「不思議の国のペニス」を『文藝』に発表。2008年同誌に「走ル」を発表、芥川賞候補作となる。大学卒業後は一般企業に就職するが、1年半で退職し専業作家となる。2010年、第四作「ミート・ザ・ビート」で第142回芥川賞候補。2012年、「ワタクシハ」で第33回野間文芸新人賞候補。2013年、「盗まれた顔」で第16回大藪春彦賞候補。2014年、「メタモルフォシス」で第151回芥川賞候補、第36回野間文芸新人賞候補。2015年、「スクラップ・アンド・ビルド」で第153回芥川賞候補。同年7月16日、同作で芥川賞を受賞。お笑い芸人の又吉直樹『火花』との同時受賞や本人のキャラクターが話題となり、その後はテレビ番組などマスコミへの出演が激増。2017年にはNHK新春スペシャルドラマ『富士ファミリー2017』に出演し、俳優デビューも果たした。

受賞歴

羽田圭介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

羽田圭介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

CCI2RufvqvIcDLM小説家の羽田圭介さんほんとかっこいい。タイプすぎる。ここ1週間で、羽田さんのYouTube全部見た…本は急いで読みたくなかったから、3冊づつ買ってじっくり読んでる。めっちゃ好き
nishikawa_aka@tvtokyo_tagaebi 使用していないのでは❓❓バス同士の対決なら太川陽介さんxZ(羽田圭介先生が面白い)でやってほしいです。
hurutoli純文学って何?芥川賞作家・羽田圭介さんの答えがスゴすぎた! https://t.co/0kk2pel6Me @YouTubeよりおもろ〜〜
sainounashi575短冊に聖夜のごとくねだる子ら   (羽田圭介/30点)
tokiojcob水谷くん?駿介くん?駿くん?(皆なんて呼んでるんだろ)の独演会のアーカイブ観させてもらった!めっちゃ練習して準備したんだろうなぁと思ったし楽しかった!お疲れさんでした!全然関係ないんだけどなんとなく作家の羽田圭介さんに似ている… https://t.co/YgX6JlOAXk
korosato09面白かった!ラジオで羽田圭介って人が紹介してくれた本。このところ熊の目撃が多発してますがこれ読むまで熊舐めてました。すいません。不思議な感動で涙が止まりません。#熊嵐 #吉村昭 #図書館 https://t.co/hqGgtOLQBJ
kyokutohon【就活にオススメ!!】「ワタクシハ」 第153回芥川賞受賞者として話題になった羽田圭介さんの就活を題材にした小説です。就活のリアルが、流石芥川賞作家。な筆致で描かれています。就活準備や、就活の苦労を分かち合うために言語化したい時などにおすすめです。 #就活
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
羽田圭介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)