トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒川博行

黒川博行

黒川博行さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

黒川 博行(くろかわ ひろゆき、1949年3月4日 - )は、日本の小説家・推理作家。愛媛県今治市生まれ。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。妻は日本画家の黒川雅子。
1949年、愛媛県今治市に生まれる。6歳の頃、後にそれぞれ直木賞と芥川賞を同日に受賞することとなる、京都市立芸術大学美術学部彫刻科に学び、同学部の日本画科に通っていた妻・雅子と23歳で学生結婚する。
大学卒業後、スーパーの社員になるが、1977年から大阪府立東淀川高等学校に美術教師として勤める。
暇つぶしのつもりで小説に手を染め、1983年、『二度のお別れ』が第1回サントリーミステリー大賞佳作に選ばれ、翌年同作で小説家デビュー。佳作の次は大賞が獲りたいとより熱心に小説に打ち込むようになり、1986年に『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞受賞。この時選考委員を務めていた田辺聖子について「恩人である」と述べている。
その後は軽妙な大阪弁が特徴の警察小説やハードボイルド小説で好評を博し、1996年に「カウント・プラン」で第49回日本推理作家協会賞を受賞するなど作家としての地位を固める。一方で、吉川英治文学新人賞や直木賞の候補に再三挙げられるも落選が続く。特に2001年の第126回直木賞では、北朝鮮を舞台とする異色の力作『国境』が多くの選考委員の支持を集めるも「残念、あと一息」。
2004年、大阪府警シリーズを原作とし、舞台を神奈川県に移した2時間ドラマ「刑事吉永誠一 涙の事件簿」シリーズが、船越英一郎主演によりテレビ東京系『水曜ミステリー9』でスタート。水曜ミステリー9史上最高の視聴率を記録する人気作となり、後に連続ドラマ化されている。2011年には『週刊現代』の記事に名誉を傷つけられたとして訴訟を起こし、勝訴している(後述)。
2014年、『破門』で7年ぶりに候補になった第151回直木賞を受賞。選考委員の伊集院静は「圧倒的な支持だった。忍耐力と小説家の魂を作品以外のところで評価した選者がいた」と述べた。「もう候補にならないのが一番ありがたい」とも述べている。

黒川博行新刊

  • 発売日
    2018年6月29日
  • 書名
    泥濘 疫病神シリーズ
  • 発売日
    2018年6月29日
  • 書名
    泥濘 (文春e-book)
  • 発売日
    2018年6月13日
  • 書名
    刑事の矜持-日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(7) (双葉文庫)

受賞歴

黒川博行関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

黒川博行関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mys_sus_bot【順番当て】次の作家・黒川博行の「疫病神」シリーズの作品を刊行された順に選びなさい『国境』→『螻蛄』→『破門』
birikskいよいよ来週となりました!まだお席に余裕があるようですので、黒川博行「疫病神」シリーズファンの皆さまは是非!江弘毅「いっとかなあかん」シリーズファンの皆さまも是非w【EVENT】/23(月)19:30 黒川博行 × 西岡研介… https://t.co/bK3w8Nc3Ib
bun_soku【イベント】7/23(月)19:30 黒川博行 × 西岡研介 × 江弘毅 極道(アウトロー)の大阪弁とブンガク性2018年7月23日(月)19:30~@スタンダードブックストア心斎橋(参加費:¥2,000)https://t.co/y8xeTZzIkO
novelist_debut●黒川博行 『二度のお別れ』 (1984年9月)
WD4TTFHFmDT5kHI黒川博行の「離れ折り紙」は刀剣の真贋をテーマとした一種のコン・ゲームですが流石に良くできてます。黒川博行は贋作づくりの話がとても上手いです。 https://t.co/7CBnQGnESx
toda_books「疫病神シリーズ」最新作、売れてます。「泥濘」黒川博行著(文藝春秋)。本気と書いて、マジと読むのを知った時、それこそマジ?と思ったものです(笑)。「泥濘」はそのまま、でいねいですが、ぬかるみとルビがふってあり、おおーと思いました(… https://t.co/opBsA16flB
gingerhoneytea直木賞作家 黒川博行さんの『雨に殺せば』重版出来になったとか。おめでとうございます!文庫解説を寄せています。 https://t.co/KuJPQlwUV2
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)