トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山美智子

青山美智子

青山美智子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 美智子(あおやま みちこ、1970年6月9日 - )は、日本の著作家。愛知県出身。愛知県立瀬戸西高等学校、中京大学社会学部社会学科卒業。
*幼少期は千葉県内の数ヶ所で暮らし、中学1年生の3学期に愛知県瀬戸市へ引っ越し同県内で大学卒業まで過ごす。)大学卒業後、ワーキング・ホリデーでオーストラリアへ行き1年間過ごす。その後、ビジネスビザを取得しシドニーの日系新聞社で記者として2年勤務。25歳の4月に帰国して上京。雑誌編集者を経て執筆活動に入る。現在、神奈川県横浜市在住。夫・息子と3人暮らし。
*2003年、「ママにハンド・クラップ!」で第28回パレットノベル大賞(小学館)佳作。2007年に第1回ショートストーリーなごやで佳作入選した「街灯りの向こうに」は、奥田瑛二、中村優子主演で映像化、2009年ショートショートフィルムフェスティバルで上映された。同作品は、2014年にNHK福井局主催の朗読イベント「東海・北陸文学紀行」でNHK名古屋放送局キャスター石垣真帆が朗読している。2015年より学校や医療施設でアートセラピー講師の活動も行う。
*2017年8月、単行本『木曜日にはココアを』(宝島社)で小説家デビュー。同作品は、2017年12月に第1回未来屋小説大賞入賞。収録作の第2章「きまじめな卵焼き」が2018年開成中学校入試で国語の長文問題として出題され、その後、入試問題、教材などで著作が多く起用されている。
*小説家を目指したきっかけは、中学生のときに氷室冴子の『シンデレラ迷宮』を読んでから。化石や地層など考古学が好き。飲茶が大好物で、お茶を飲み終えたポットにお湯を足してもらうのが幸せ。
*声優の大原さやかが自身の朗読ラジオ「月の音色」で「木曜日にはココアを」を複数回にわたり朗読作品として取り上げている。2020年3月1日、MBS(毎日放送)アナウンサーによる「コトノハものがたりの世界2020」でも、同作が朗読劇の演目として選ばれた。
*『お探し物は図書室まで』(ポプラ社)が2021年本屋大賞にノミネート。2位を獲得した。
*2021年9月21日~23日、『木曜日にはココアを』が演劇制作プリエール主催の朗読劇に起用。花組芝居の加納幸和演出・風間杜夫、熊谷真実の出演で上演された。
*『赤と青とエスキース』(PHP研究所)が2022年本屋大賞にノミネート。史上初の連続2位を獲得した。

受賞歴

青山美智子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山美智子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

brat0528ナイス 【風の港 (文芸書)/村山早紀】おそらく初読みの作家さん。想像通りの連作短編集。青山美智子さんに通じる作風か?こういう雰囲気の短編集、多いなー。「夜間飛行」の2人の30年越しの友情にホロ… → https://t.co/arFYxIsxgi #bookmeter
VS7fHVQQuNtgti0#お探し物は図書室まで/青山美智子#読了#読書好きな人と繋がりたい 小学校に併設されたコミュニティハウス内の図書館を訪れた、生活に鬱屈や不安を抱える人たちが個性的な司書の小町さんに紹介された本を読み、勇気を貰って一歩前に踏… https://t.co/tE86KXfaYz
mkmmkr1103「猫のお告げは樹の下で/青山美智子 宝島社文庫」とある神社で出会う猫がくれる葉っぱのお告げ。悩める人たちが得たお告げの連作短編集。心の持ちようとか、視点を変えるだとか、ちょっとしたことで世界が変わることのきっかけをくれる作品はどれもとても優しい。私もこの猫に出会ってみたい。
hoshino_rinji月曜日の抹茶カフェ/読了青山美智子/宝島社活字に目を落とすと滑り出して
akari2116#読書好きな人と繋がりたい今日買った
okgoodenjoy2022年本屋大賞「同志少女よ、敵を撃て」逢坂冬馬Audibleで聴き放題
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山美智子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)