トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 日明恩

日明恩

日明恩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

日明 恩(たちもり めぐみ、1967年 - )は、日本の小説家・推理作家。神奈川県川崎市出身。日本女子大学卒業。夫は、漫画家の青木たかお。
都筑道夫の小説講座に通い小説を書き始める。大学病院で外科教授の秘書を勤める傍ら、2002年、『それでも、警官は微笑う』(応募時のタイトルは「迎日」)で第25回メフィスト賞を受賞し、小説家デビューする。2003年、消防士を主人公にした『鎮火報 Fire's Out』で第25回吉川英治文学新人賞候補。2012年、静岡県浜松市天竜区にある3高校の生徒が、同年代に勧めたい1冊を選ぶ第4回天竜文学賞に『ギフト』が選ばれる。

受賞歴

メフィスト賞

第25回2002年

メフィスト賞

日明恩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2005.10.27 著者インタビュー - 日明恩さん『埋み火』

    --『埋み火』の主人公は『鎮火報』で登場した消防士、大山雄大ですが、もともとシリーズ化を考えていたのでしょうか?

  • 2003.9.30 作家の読書道:第24回 横山 秀夫さん

    御巣鷹山の日航ジャンボ機事故を題材に、男たちの苦闘を描いた本格長編『クライマーズ・ハイ』がヒット中の横山秀夫さん。昨年『半落ち』で話題を席巻しベストセラー作家となった横山さんは、少年時代からどんな本を読んできたのでしょうか。斬新な警察小説などで注目を集める「短編小説の職人」が、群馬県高崎市の仕事場でちゃめっ気たっぷりに語ります。

日明恩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

QMA_Mys_Bot2[エフェ]『それでも、警官は笑う』でメフィスト賞を受賞した女流作家「日明恩」 → たちもりめぐみ ※(主に俺に)刺さります
ameirogenei一般ですと、恒川光太郎さん、太宰治さん、江戸川乱歩さん、日明恩さんが好きです!BLは、宮緒葵さん、西野花さん、沙野風結子さん、尾上与一さん、遠野春日さん、水原とほるさんが好きです!#マシュマロを投げ合おう… https://t.co/REc2NiyyS0
ngs31100#名刺がわりの小説10選浅田次郎『きんぴか』『プリズンホテル』今野敏『隠蔽捜査』五條瑛『プラチナ・ビーズ』日明恩『鎮火報』『それでも、警官は微笑う』柴田よしき『聖なる黒夜』『フォー・ユア・プレジャー』アゴタ・クリストフ『悪童日記』菅野彰『海馬が耳から駆けてゆく』
Munekyun_Novels「でも、たった一人で犯人と戦っている武本巡査部長が唯一信用しているのはあなただ。彼のかつての上司で、――今は私の」その言葉に潮崎は思わず顔を上げた。「その上司を全力でバックアップ出来ないのなら、私は部下失格です」【大川原/そして、警官は微睡る/日明恩】
novel_uta@kinnikumanju 日明恩さんは出てる分全て全読してます(*Ü*)面白いですよね〜!!!
kinnikumanju@novel_uta 突然すみません警察物で、日明 恩(たちもり めぐみ)さんの「それでも、警官は微笑う」おもしろいです!武本&潮崎シリーズとして、今4作目まで出ています!
12_gan日明恩著『ロード&ゴー』読了。ツッコミどころ満載。でも、実写化できるなら観てみたい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
日明恩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)