トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 白河三兎

白河三兎

白河三兎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

白河 三兎(しらかわ みと)は、日本の小説家・推理作家。
2009年、『プールの底に眠る』で第42回メフィスト賞を受賞し小説家デビュー。2012年、本の雑誌社が刊行した『おすすめ文庫王国2013』で『私を知らないで』がオリジナル文庫大賞ベスト1に選ばれる。文芸評論家の北上次郎は白河三兎を「現代エンターテインメントの最前線をひた走る作家」と評している。
=
プールの底に眠る(2009年12月 講談社ノベルス / 2013年4月 講談社文庫)
角のないケシゴムは嘘を消せない(2011年1月 講談社ノベルス)
*【改題】ケシゴムは嘘を消せない(2014年1月 講談社文庫)
私を知らないで(2012年10月 集英社文庫)
君のために今は回る(2013年6月 講談社)
もしもし、還る。(2013年8月 集英社文庫)
神様は勝たせない(2014年3月 ハヤカワ文庫JA)
総理大臣暗殺クラブ(2014年7月 KADOKAWA)
ふたえ(2015年7月 祥伝社 / 2018年6月 祥伝社文庫)
小人の巣(2015年10月 双葉社)
田嶋春にはなりたくない(2016年2月 新潮社)
*収録作品:肩を濡らさない相合傘 / 自作自演のミルフィーユ / スケープゴート・キャンパス / 八方美人なストライクゾーン / 手の中の空白
十五歳の課外授業(2016年4月 集英社文庫)
計画結婚(2017年2月 徳間書店)
他に好きな人がいるから (2017年10月 祥伝社)

受賞歴

白河三兎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

白河三兎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yomimono3だけどやはり、白河三兎さんの作品では、裏山に◯◯本を捨てに行ったら首にロープをかけた少女に出会ったり、貧乏でボッチだけど美人な同級生を尾行したり、兎のマスクを被ったセーラー服の少女が舞い降りたり、砂漠の真ん中で電話ボックスに閉じ込められるような作品が好きです。
je_te_veux_僕は時々嘘をつく。でもその嘘には悪意はない。誰かを陥れるために嘘を利用することはない。むしろ相手を傷つけないためだ。それは正しい嘘なんだ、と僕はずっと思っていた。しかし正しい嘘なんてないのだ。嘘は嘘でしかない。誰も傷つかない嘘なんて存在しない。/白河三兎(プールの底に眠る)
mfmfbooks[プールの底に眠る/白河三兎] 自分の心や愛と向き合う7日間と13年の歳月を渡る物語。会話の小気味良いテンポが飽きずに引き込ませてくれた。キーワードになる駅の伝言板もノスタルジックな味付けになっている。
saigo1bun_botおめでとう、姉ちゃん。また世界が広がるよ。そう言えるようにウサギに『キヨコ』と名付けよう。「私を知らないで」白河三兎
sleepy___12辻村深月さんと白河三兎さんが書く世界観が好きです
stillblue_s『田嶋春にはなりたくない』白河三兎: なんとなくなんだけれども、この本のタイトルを見たときに、田嶋春というちょっと性格に難のある変人が日常の謎を解くという話だと思いこんでしまっていた。… https://t.co/Eh1JujM4iQ
bookbook_bot自慢のロングに鋏が入る瞬間、ミータンは思わず両目を潰した。初めてミータンを女子として意識した。その仕草にキュンとしない男子はいないだろう。(白河三兎/私を知らないで)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
白河三兎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)