トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 須山静夫

須山静夫

須山静夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

須山 静夫(すやま しずお、1925年 - 2011年7月10日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家、小説家。静岡市出身。
横浜工業専門学校造船科卒業後、1947年に農林水産庁漁船課に入省する。1952年より、ガリオア資金による留学生としてアメリカに渡り、ミシガン大学で1年間学ぶ。その後、明治大学文学部夜間三年に編入学し、青沼一郎の教えを受け、1954年卒業し大学院に進学、農水庁を退職。
1956年に明治大学文学部の助手となる。1971年『しかして塵は-』で第3回新潮新人賞受賞。明治大学教授に就いた。
1978年『神の残した黒い穴』で第1回アメリカ研究図書賞受賞、1994年明治大学を退職し聖学院大学教授、2001年退職。
最初の妻を病気で失い、長男(名前はウィリアム・フォークナーに由来)を事故で失った苦悩を描いた自伝小説『墨染めに咲け』を晩年に刊行した。

受賞歴

須山静夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

須山静夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rankingko最安値の「地下に潺潺たる水の音を聞け /吉夏社/須山静夫」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は2,750円です。https://t.co/UrvOVVaHSC
miho_haruke立ち寄った古本屋のワゴンで読みたかった須山静夫翻訳を見かけた。もしかしたらセレンディピティ?まさかね。#secondhandbooks #williamfaulkner #lightinaugust #serendipity… https://t.co/6KENDK66Da
Mishiba_Yオコナー「人造黒人」(The Artificial Nigger )、新潮文庫版(須山静夫訳)ではどうなってんだろ、と思ったらこれはこれですごかった。そもそも「人形」ではないだろw https://t.co/8mxmLxnqQY
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
須山静夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)