トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 須山静夫

須山静夫

須山静夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

須山 静夫(すやま しずお、1925年7月22日 - 2011年7月10日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家、小説家。静岡市出身。
1943年、静岡県立静岡中学校卒業。横浜工業専門学校造船科卒業後、1947年、農林省水産局漁船課に入省。1952年より、ガリオア資金による留学生としてアメリカに渡り、ミシガン大学で1年間学ぶ。ここで妻となる越川さち(後、共立女子大学教授)と知り合う。その後、明治大学文学部夜間三年に編入学し、青沼一郎の教えを受け、1954年、ハーマン・メルヴィルの「モービー・デイック」により卒論提出。明治大学大大学院に進学。越川さちと結婚、農林省水産庁退職。1956年、明治大学文学部助手。1957年、長男隆志誕生。1962年、さち入院、1年7ヶ月後死去。1966年、河辺名保子と再婚。1971年、『しかして塵は-』で第3回新潮新人賞受賞。明治大学教授に就く。1978年、『神の残した黒い穴―現代アメリカ南部の小説』で第1回アメリカ研究図書賞受賞、1994年、明治大学を退職、聖学院大学教授。2001年、退職。最初の妻を病気で失い、長男(名前はウィリアム・フォークナーに由来)を事故で失った苦悩を描いた自伝小説『墨染めに咲け』(2008年)を晩年に刊行した。同人誌『月水金』同人。

受賞歴

須山静夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

須山静夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kkyeditors尾崎俊介先生はアメリカ文学者。ペーパーバック論の『紙表紙の誘惑』、須山静夫先生について書いた感動の『S先生のこと』、やはり恩師である大橋吉之輔先生の文章を集めてそこにご自身のエッセイを付した『エピソード』。どれも素晴らしい本です。先の卒論指南書同様、激推し、です。
ISOGAI_1今日は調子いいはず、とiPhoneのヘルスケアで確認したのですが最高5.9キロ。うーん……。盛林堂均一へ。探偵小説年鑑1958が嬉しいで。『されど我らいまだ救われず』は須山静夫の翻訳だったのですね。 https://t.co/EHCgOiL5Pk
dadada_dagda残念ながら、岩波文庫の『白鯨』はその後、阿部知二訳ではない新訳が刊行され、現在も新訳が販売されています。須山静夫氏の改稿を経た完全版とも言うべき阿部知二訳『白鯨』を読むことができたら。そう願わざるを得ません。
junsugawara角川と言えば、大昔、須山静夫訳のスタインベック『月は沈みぬ』(角川文庫)を古書店軒下のワゴンで求めたことがあった。今に至るまであれは最大の掘り出し物(コスパと言う意味で)。あの後しばらくスタインベックばかり読んでいたような気がする。そんな時代がありましたの。
nanaobibi→あっただろう。パスカルとオコナーの享年が同じだったことは偶然の一致である。『オコナー短編集』須山静夫=訳(新潮社版)
Howards_End_103『神の残した黒い穴 現代アメリカ南部の小説』(須山静夫)かと思ってしまった。
info_doris黒と白:オーブリー・ビアズリーの肖像 ブリジッド・ブローフィ 須山静夫 訳https://t.co/UDEaPLhcl8 https://t.co/qE9piQ0BVX
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    須山静夫さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)