トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 清水博子

清水博子

清水博子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

清水 博子(しみず ひろこ、1968年6月2日 - 2013年10月10日)は、日本の小説家。
北海道旭川市出身。
北海道旭川東高等学校、早稲田大学第一文学部文芸専修卒。在学中は江中直紀、久間十義の薫陶を受ける。
1991年、「早稲田文学」に卒業制作「マジョリカ譚」が掲載。
1994年、「本の写生」で第18回すばる文学賞最終候補。
1997年、「街の座標」で第21回すばる文学賞。
1998年、『街の座標』で第20回野間文芸新人賞候補。
1999年、『ドゥードゥル』で第21回野間文芸新人賞候補。
2001年、「処方箋」で第125回芥川賞候補。『処方箋』で第23回野間文芸新人賞受賞。
2005年、「ないちがいち」で第31回川端康成文学賞候補。
2006年、「vanity」で第134回芥川賞候補。
2013年10月10日死去。45歳没。

受賞歴

清水博子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.2.9 【記者ノート】誠実な「清水博子作品論」

    『vanity』などの小説で2度、芥川賞候補になった清水博子さん=写真=が昨年10月に45歳で亡くなり、3か月余りが過ぎた。

  • 2013.10.23 <訃報>清水博子さん45歳=作家

    清水博子さん45歳(しみず・ひろこ=作家)10日、死去。葬儀は近親者で営んだ。

  • 2002.2.1 インタビュー 作家「清水博子」

    「ふつうは本を読むとき、一時間なら一時間、読書に没頭すると思うんですけど、わたしの小説って、読んでいるうちに雑音が飛び込んできて神経を逆なでされて、読み終えてもいったい自分は何を読んでいたんだろうと呆然とする人が多いらしい。きっと言葉がその人のなかにある雑念を喚起するので、ある人にとっては、それが不潔な、と映ることもあるでしょう。蓮實重彦さんが松浦理英子さんの小説を『上品』と評していらっしゃいますが、そういう意味でわたしの小説は『下品』なのかもしれませんね」

清水博子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ngz55自分の思春期は90年代だからニューアカには完全に乗り遅れているし中上は死ぬしで同時代的には高橋源一郎や奥泉光、多和田葉子、阿部和重、中原昌也、清水博子に新しさを初めて感じた。
ttakahasiそういや、清水博子さんは亡くなってどれくらいになるのか。
orisawa30321清水博子の集英社文庫の書影が好きなやつだったので、読んでみたい。
hahaha8201金井美恵子『プラトン的恋愛』清水博子『vanity』ソンタグ『反解釈』有吉佐和子『処女連祷』多和田葉子『アルファベットの傷口』笙野頼子『幽界森娘異聞』林芙美子『放浪記』アーレント『人間の条件』樋口一葉『たけくらべ』… https://t.co/BHeNFxs0p7
PvLBT1SvQ9fWb5Aクリエーターのための 毎日の「デッサン力アップ」トレーニング法入門: 「見る」「描https://t.co/JwlfEurbJX志治達雄 渡辺崇 緑のマント 岩見透(いわみん) 金子正彦 佐藤永志 清水博子 藤崎了士 作田… https://t.co/VA4PVTzZKJ
BQQKOP本を片づけていたら清水博子『カギ』が出てきた。 https://t.co/OlCVLAKZz6
nakaharamasaya_「冷蔵庫を動かして欲しい」&「ストーカーからガードして欲しい」という理由から清水博子先生の自宅に呼ばれる。『マトリックス』のような、この世界とは別のよくわからない世界が実在することを知る。恐ろしい。(2006 作業日誌)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
清水博子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)