トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石川博品

石川博品

石川博品さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石川 博品 (いしかわ ひろし、1978年 - )は、日本の小説家。ライトノベル作家。岩手県出身。
2008年に『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』で第10回エンターブレインえんため大賞小説部門優秀賞を受賞し、翌年出版された同作でデビュー。
一番好きな作家として中上健次を挙げており、作家の仕事場を撮影した写真集の中で中上が縦罫の紙に細かい字を押しこめるように書いているのを見て以来、2014年12月現在も原稿は手書きで執筆している。また椎名誠のエッセイから受けた影響は大きいと思うと語っており、『日本細末端真実紀行』『わしらは怪しい探険隊』『インドでわしも考えた』は人生で最も読み返した本だという。
個人サークル「石川博品」として、商業では未発表もしくは単行本に未収録となっている原稿を書籍化して頒布する同人活動も行っている。
=
*耳刈ネルリシリーズ (イラスト:うき、ファミ通文庫刊)
*耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳 (2009年01月)
*耳刈ネルリと奪われた七人の花婿 (2009年06月)
*耳刈ネルリと十一人の一年十一組 (2009年12月)
*クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門 (2011年11月、イラスト:一真、ファミ通文庫刊)
*ヴァンパイア・サマータイム (2013年07月、イラスト:切符、ファミ通文庫刊)
*後宮楽園球場シリーズ (イラスト:wingheart、スーパーダッシュ文庫→ダッシュエックス文庫刊)
*後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール (2013年12月)
*後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール2 (2015年06月)
*四人制姉妹百合物帳 (2014年12月、イラスト:まごまご、星海社文庫刊。初出は同年08月にコミックマーケット86にて頒布された同人誌)
*明日の狩りの詞の (2015年5月、イラスト:まごまご、星海社FICTIONS刊)
*メロディ・リリック・アイドル・マジック (2016年7月、イラスト:POO、ダッシュエックス文庫刊)
*先生とそのお布団 (2017年11月、イラスト:エナミカツミ、ガガガ文庫刊)
*海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと (2018年4月、イラスト:米山舞、ファミ通文庫刊)
*ボクは再生数、ボクは死 (2020年10月、イラスト:クレタ、KADOKAWA刊)

受賞歴

石川博品関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石川博品関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

METHIE34【このライトノベルがすごい! 2021】石川博品のもう一つ俺ガイルアンソロジーも読まないとな。やはり殿堂入りが進み、全面的にファンタジーよりもそれ以外のジャンプも増えた感じに。スパイ教室は第… → https://t.co/pGRXPAcnHH #bookmeter
megyumi石川博品「ボクは再生数、ボクは死」読了。デビュー当初からインターネットのアレゲな文化のキッツい匂いを漂わせてきた著者が初めてその辺りを真正面から描いた、一言で言えばインターネット珍走団(死語)小説。https://t.co/C4i85A2gM5 [amazon PR]
souko_sso石川博品「ボクは再生数、ボクは死」読了。単行本で紙幅に余裕があるため、これまでのヒロシ作品の読者振り落とし要素の1つであった性急さがほぐされ、心置きなく物語に浸ることが出来た。現時点で作者の最も完成度の高い作品だと思う。満腹満腹。
aPUWe19zs6y2qGi今更な話をします。俺ガイルアンソロジー4冊目のオールスターズで石川博品先生が書かれた、オリジナルキャラクター達に俺ガイル各巻の内容を語らせる話がとても好きです。切ないけれど、ラストは希望があって晴れやかな気持ちになれます。来年だ… https://t.co/xoMVtuVcOf
fragments_bot民とは無責任でしたたかなものだ。一部の恨みと、大多数の無関心の間を、彼女は歩いていった。(石川博品『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』)
c_novel_intヴァンパイア・サマータイム(全1巻)著者:石川博品イラスト:切符おすすめ:★★★★★【作品紹介】 人間と吸血鬼が、昼と夜を分け合う世界。 山森頼雅は、ある日、少女と出会い、吸血鬼も自分たちと同じ普通の高校生なのだと知っていく。普通に出会い、普通に惹かれ合う二人だが……
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石川博品さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)