トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 東山彰良

東山彰良

東山彰良さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東山 彰良(ひがしやま あきら、本名:王 震緒、1968年9月11日 - )は、台湾出身の日本の小説家。福岡県小郡市在住。
1968年、中国人の両親のもと台湾で生まれ、5歳まで台北市で過ごした後、広島の大学院で修学していた両親に引き取られ広島に移住。父親の王孝廉は1949年に台湾に移り教師となり、1973年に日本に移り住んだ。
筆名の「東山」は祖父の出身地である中国山東省から、「彰良」は父親が暮らした地であり、母親の出身地でもある台湾の彰化に由来する。西南学院中学校・高等学校、西南学院大学経済学部経済学科卒業。1995年に西南学院大学大学院経済学研究科修士課程を修了し、吉林大学経済管理学院博士課程に進むが中退。
2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回『このミステリーがすごい!』大賞の銀賞および読者賞を受賞。同作は『逃亡作法 - TURD ON THE RUN』と改題して出版され、20万部突破のベストセラーとなった。現在は非常勤講師として西南学院大学など複数の大学で中国語を教えている。また、福岡県警にて中国人容疑者の通訳を務めていた経験もある。
酒好きで特にテキーラを好み、テキーラ・マエストロの資格をもつ。

東山彰良新刊

  • 発売日
    2018年1月11日
  • 書名
    さようなら、ギャングランド (光文社文庫)
  • 発売日
    2017年11月21日
  • 書名
    女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。
  • 発売日
    2017年9月8日
  • 書名
    ワイルド・サイドを歩け (光文社文庫)

受賞歴

東山彰良関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東山彰良関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

loveGdolce東山彰良「僕が殺した人と僕を殺した人」読了。言っていた通り、読んでいるとそのシーンや風景が本当に頭に浮かんでくる。13歳の少年、しかも台湾が舞台と全く私とは接点のない主人公達、それでも惹きつけられてどんどん読んでしまう。2017年… https://t.co/1OR6JnMUhw
nagu_xxx_東山彰良『流』読了主人公が台湾人で名前が覚えにくいからか主な登場人物表が別添えの親切設計。70~80年代の台湾の空気がとても生々しく伝わってきました。もっとサスペンス的な話かと思ったけど、激動な時代の流れの中懸命に生きた主人公の… https://t.co/e26PgHH2nz
ynaboao流 東山彰良選考委員満場一致の第153回直木賞受賞作読み終わって、自分はこういう作品が読みたかったのだと思った本当に、心からオススメしたいちょうど文庫化もしたし、ぜひ読んでほしい(個人的には、終わり方が好きです) https://t.co/XIG3e8kwVH
hina_shella【僕が殺した人と僕を殺した人 (文春e-book)/東山彰良】を読んだ本に追加 → https://t.co/ewff0NBWzL #bookmeter
fukumimi0815吻合唱団老鷲合唱団海灘男孩約翰藍儂これが何を表記しているのか、すぐ分かる人を尊敬します。答えは再読した東山彰良『流』の中にあるのです。に、してもこの作品は面白い。これから読む人は汚い描写に注意して。うへぇっ!ってなります… https://t.co/g2Ul59C8Gc
yoshida45東山彰良『ブラックライダー』(新潮社)を読了。文明崩壊後、弱肉強食のアメリカとメキシコで繰り広げられる群像劇。クセが強すぎてよくわからなかったが、世界観は素晴らしい。 https://t.co/Gd3SyTOjLQ
ask_no_head_O東山彰良著『女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。』福岡のどこかの男子大学生達が女の子に勝手に弄ばれ勝手に踏み躙られ勝手に散っていく物語。めちゃ面白い!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東山彰良さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)