トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 東山彰良

東山彰良

東山彰良さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東山 彰良(ひがしやま あきら、本名:王 震緒、1968年9月11日 - )は、台湾出身の日本の小説家。福岡県小郡市在住。
1968年、中国人の両親のもと台湾で生まれ、5歳まで台北市で過ごした後、広島の大学院で修学していた両親に引き取られ広島に移住。父親の王孝廉は1949年に台湾に移り教師となり、1973年に日本に移り住んだ。
筆名の「東山」は祖父の出身地である中国山東省から、「彰良」は父親が暮らした地であり、母親の出身地でもある台湾の彰化に由来する。西南学院中学校・高等学校、西南学院大学経済学部経済学科卒業。1995年に西南学院大学大学院経済学研究科修士課程を修了し、吉林大学経済管理学院博士課程に進むが中退。
2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回『このミステリーがすごい!』大賞の銀賞および読者賞を受賞。同作は『逃亡作法 - TURD ON THE RUN』と改題して出版され、20万部突破のベストセラーとなった。現在は非常勤講師として西南学院大学など複数の大学で中国語を教えている。また、福岡県警にて中国人容疑者の通訳を務めていた経験もある。
酒好きで特にテキーラを好み、テキーラ・マエストロの資格をもつ。

東山彰良新刊

  • 発売日
    2018年1月11日
  • 書名
    さようなら、ギャングランド (光文社文庫)
  • 発売日
    2017年11月21日
  • 書名
    女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。

受賞歴

東山彰良関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東山彰良関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

non_poli_impo「何だ、小説って面白いじゃん」と文学への信頼を回復させてくれた偉大な作家として東山彰良、藤井太洋、海猫沢めろん、高野和明などが個人的に思い浮かび、彼ら先達の後塵を拝しながらいつかは肩を並べてやりたいと裡なる野心を燃やすのですが、映画や詩においては信頼が日に日に毀損されている感覚。
meminisseiuvabtだれかの絶望はいつだってだれかの希望なの『路傍』東山 彰良
umeda_nakamozu流 東山彰良中国と台湾の確執を背景に台湾生まれの中国人主人公が祖父の死という傷を抱えながら前に進んでいく物語。エッセイ的な書き方かと思えば後半からミステリー要素も強く出てきて面白かった。読後に達成感があり気持ちよかった。
C5wbv1H最近読んだ本だと、東山彰良『女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。』が面白かったな。
skoji『逃亡作法』(東山彰良)、阿佐ヶ谷駅の文公堂書店で買った。 https://t.co/X2BW3sGpNp https://t.co/me4GR3t0pk
rkbr_info『東山彰良 イッツ・オンリー・ロックンロール』 公開録音 in 六本松 蔦屋書店は、おかげさまで定員に達しました。たくさんのご応募ありがとうございました
nago875572読み終えることがすごく難産だった。「選考委員満場一致の」直木賞受賞作、東山彰良の『流』。 前宣伝に金かけた映画がほぼハズレ、なように帯でほめちぎった本にアタリなし
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東山彰良さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)