トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 東山彰良

東山彰良

東山彰良さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東山 彰良(ひがしやま あきら、本名:王 震緒、1968年9月11日 - )は、台湾出身の日本の小説家。福岡県小郡市在住。
1968年、中国人の両親のもと台湾で生まれ、5歳まで台北市で過ごした後、広島の大学院で修学していた両親に引き取られ広島に移住。父親の王孝廉は1949年に台湾に移り教師となり、1973年に日本に移り住んだ。
筆名の「東山」は祖父の出身地である中国山東省から、「彰良」は父親が暮らした地であり、母親の出身地でもある台湾の彰化に由来する。西南学院中学校・高等学校、西南学院大学経済学部経済学科卒業。1995年に西南学院大学大学院経済学研究科修士課程を修了し、吉林大学経済管理学院博士課程に進むが中退。
2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回『このミステリーがすごい!』大賞の銀賞および読者賞を受賞。同作は『逃亡作法 - TURD ON THE RUN』と改題して出版され、20万部突破のベストセラーとなった。現在は非常勤講師として西南学院大学など複数の大学で中国語を教えている。また、福岡県警にて中国人容疑者の通訳を務めていた経験もある。
酒好きで特にテキーラを好み、テキーラ・マエストロの資格をもつ。

受賞歴

東山彰良関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東山彰良関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

meminisseiuvabtだれかの絶望はいつだってだれかの希望なの『路傍』東山 彰良
non_poli_impo俺がこんだけ毎日毎日東山彰良と叫んでも誰からもリプが来ていないことから東山彰良が如何に読まれていないかが分かるし、東山彰良が読まれていないということは身も蓋もなく現代日本において如何に「小説が読まれていない」かが分かる。何故なら東山彰良は現代最高の書き手なので。。
losmrn東山彰良「僕が殺した人と僕を殺した人」読了。台湾版スタンド・バイ・ミー。スタンド・バイ・ミーは映画しか知らないんだけど、スタンド・バイ・ミーを大人になった自分たちが語るって感じかな?
Ted_Tashilogy@d_davinci @ueshimacoffee 昨年よかったのは、以下の作品です。文学賞三冠達成されました。[書評] 東山彰良『僕が殺した人と僕を殺した人』/ 少年たちの運命の明暗、帰れぬ時代への憧れを描いた青春小説 [Te… https://t.co/RVsmRLjRyV
nibo_Ca完全にタイトル買い。ワイルドサイドを歩け、ラム&コーク以来の東山彰良作品。最初の話しか呼んでないけど、始めにテンション高めの超展開を持って来てこの後大丈夫なのか気になる。 https://t.co/ckdGxF0Ac0
h_ranking_news(7/19) 電子書籍ストアランキング > 小説・文学 > 小説・文学セットランキング18位:東山彰良『【全1-2セット】ブラックライダー』https://t.co/1zoK1TqOXk
littlebitmylifeラジオ深夜便で東山彰良さんのインタビューを放送していて、なかなか面白かった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東山彰良さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)