トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小檜山博

小檜山博

小檜山博さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小檜山 博(こひやま はく、男性、1937年4月15日 - )は、日本の小説家。本名は「博」を「ひろし」と読む。神田日勝記念美術館館長。元北海道教育大学特任教授。札幌市在住。
北海道滝上町生まれ。北海道苫小牧工業高等学校電気科卒業。高校卒業後、北海道新聞社に勤務する傍ら執筆活動を開始。「文學界」、「新潮」、「すばる」等の文芸誌にて作品を発表するほか、「北方文芸」などで同人活動を行う。
1976年に発表した『出刃』が第1回北方文芸賞を受賞し、第75回芥川賞候補となったのを皮切りに、本格的な作家活動に乗り出す。
1983年、『光る女』が第17回北海道新聞文学賞・第11回泉鏡花文学賞を受賞。
1987年、『光る女』は相米慎二によって映画化され、キネマ旬報ベストテン第9位になった。
1997年、札幌芸術賞受賞。
1998年、滝上町社会功労賞受賞。
2003年、本人の自伝に当たる『光る大雪』が第7回木山捷平文学賞を受賞。
2005年、北海道文化賞受賞。
2005年、著作「スコール」をもとにして制作された映画「恋するトマト」が大地康雄主演・製作総指揮で公開。
2006年、作家生活30周年を記念して『小檜山博全集』を刊行。
2008年、毎日新聞の読者投稿からの盗用が発覚し謝罪。北海道教育大学の特任教授も辞することになった。
2009年10月3日、自身の出身地である滝上町オシラネップに文学碑[http://www.town.takinoue.hokkaido.jp/22mayer/02welcome/2009/2009-1008-1433-9.html]が建つ。
現在は、執筆活動が低下している。

受賞歴

小檜山博関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小檜山博関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kamome_885滝上村とか小檜山博とか思い出す祖先は開拓農家だったのでは戸籍から辛苦が伺えるhttps://t.co/lCzsiy1aZ8
xxxxcoda小檜山博の地の音読みたい
seikono5文学作品の中のアル症では小檜山博の「出刃」のおばあさんが凄い・・無頼でもなくガチガチの生きる厳しさのなかでアル症になってアル症のまま晩年をすごす話・・離脱の一番キツイ夜に手元にあった本・天啓だとおもう・
taqueshix@sakakikyousuke 小檜山博の小説からどうぞ。
akira_kasanari小檜山博『北ぐにの人生』読了感想はこの引リツの通りやっぱ文章かなり上手いのか、食べ物の描写が美味そうなのもよかったいかんせん若者文化に対する嫌悪感とか、農薬・海外農産物に対する極端な忌避感は読んでてちょっとキツかったけど、ま… https://t.co/CVi8w1Lgm6
akimaltolihico小檜山博の「光る女」読了。山奥の大男が幼馴染の恋人を連れ戻しに上京するという事以外は相米慎二の映画版と全然違う話。粗野で純真で靴を履かない大男は若き日の武藤敬司を想像して読んだ。とても面白かった。 https://t.co/wgJ8jccJMX
tanakaunieとりあえず、長渕は小檜山博著 黯い足音を読めよ。恐ろしさに、うち震えるから。ジムトレごときでは耐えきれない過酷な世界があったから
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    小檜山博さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)