トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石和鷹

石和鷹

石和鷹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石和 鷹(いさわ たか、本名:水城顕 1933年11月6日-1997年4月22日)は、日本の小説家、編集者。
埼玉県生まれ。本名は水城顕(みずしろ あきら)。早稲田大学文学部仏文科卒。大学在学中から『早稲田文学』に小説を書き、後藤明生や森内俊雄の仲間だった。卒業後の1958年に集英社に入社、1976年より85年まで文芸雑誌『すばる』の編集長を勤め、石川淳の担当として『狂風記』『江戸文学掌記』などの晩年の代表作の執筆に貢献した。
編集者時代に深沢七郎と交流し、深沢の小説「秘戯」にやはり当時編集者だった嵐山光三郎とともに「水代(みずしろ)」という名前で登場する。
編集者としての活動の傍ら執筆を行い、1985年「掌の護符」(『早稲田文学』)で芥川賞候補、続いて「果つる日」で同候補、89年『野分酒場』で泉鏡花文学賞、95年『クルー』で芸術選奨文部大臣賞、97年『地獄は一定すみかぞかし』で伊藤整文学賞を受賞した。
1997年4月22日、癌のため逝去。

受賞歴

石和鷹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

石和鷹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

inthewall81後藤明生の石和鷹追悼文は『小説の快楽』所収のこれですね。ミズシロとミズキ、なんだかアキオとメイセイのようでもありますし、編集者から作家への転進が石和自身後藤明生と同じことをやってるようだよ、と言うもので、そして食道癌までもが同じで… https://t.co/InDD58Tc4c
earlybirdmeisei後藤明生への追悼文のツイートをしましたが、後藤が読んだ弔辞で心に残るのは、友人であり担当編集者でもあった作家石和鷹さんへのものです。「(石和さんは)学生時代白いエナメルの靴を履いていた。早稲田の学生でそんな靴を履いていたのは彼だけだった」というような内容でした。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石和鷹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)