トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 福島次郎

福島次郎

福島次郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

福島 次郎(ふくしま じろう、1930年(昭和5年) - 2006年(平成18年)2月22日)は、熊本県出身の小説家。高校の国語教師。雑誌『詩と眞實』同人。その同人誌に掲載した短編小説『バスタオル』(1996年)で第115回芥川賞候補になったほか、三島由紀夫との同性愛関係を取り混ぜた自伝的な実名小説『三島由紀夫――剣と寒紅』(1998年)を刊行したことで一時ジャーナリズムを騒がせ、三島関連界隈で名を知られるようになった人物である。
=
1930年(昭和5年)、私生児として熊本県熊本市に生まれた。祖父も、近郷の農民相手の賭場を家の地下室で妾と共に開いていた。
次郎の母は、違法な賭博行為を警察の目から守っていたやくざたちと肉体関係を結び、4人の子供をもうけた。次郎の上には姉、下には弟・妹がいたが、皆それぞれ父親が違っていた。次郎は祖父の長男として出生届を出され、当時50代の大叔母(祖父の妹)に育てられた。
大叔母の夫は日露戦争により21歳で戦死しており、20歳で未亡人となった大叔母は以後ずっと独り身だったが、姪の産んだ赤ん坊(次郎)の臀部に亡夫と同じ卵大の痣を発見すると、夫の生れ変りと信じて姪(次郎の母)に頼み込み次郎を引き取った。
母は他の子の面倒も両親らに任せ、次郎の姉は祖母に、弟は子守り係に育てられた。次郎は幼児から中年まで、母と一緒に暮らしたことがなく、母代りの大叔母と2人で生活した。母と一緒になった義父はやくざの親分であった。

受賞歴

福島次郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

福島次郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raise_ha_三島由紀夫のお父さんの梓氏が、三島由紀夫が亡くなった後に、福島次郎に「死んだ公威のことを何処の馬の骨か分からんようなやつが好き勝手言うだろうから守ってやってくれ」って言ったシーンで10分くらい涙止まらんかった。
siiii_chanomen夏目漱石のこころとかもね…中々ですよ…川端康成の少年とか古典の青頭巾とかも良い江戸川乱歩は自分の実体験書いてるやつに腐の話してたよね…ガチのやつ読みたいなら福島次郎のバスタオルとか?個人的には影の狩人っていう本も好き
brat0528ナイス 【蝶のかたみ/福島 次郎】初めての作家さん。「蝶のかたみ」ともに男性を愛する兄弟。「バスタオル」教師と教え子。この2人もまた男性。生きにくさや 狂おしさが ズーンと伝わってくる。悲しいラ… → https://t.co/LOFFaKwjhl #bookmeter
kanro300◎三島由紀夫 剣と寒紅 福島次郎 文藝春秋 平成10年初版 https://t.co/kWsm43FZax #ヤフオク
langkong_que三島由紀夫は愛人だったバスタオルで有名な福島次郎が暴露本出してるけどどこまで本当だったかは分からないけど、ゲイである事を恥じていた三島がノンケになろうと女性と結婚した挙句「君、何事もトライだよ」は普通に酷い
KiichiIshikawa手元にある選集から、それぞれ読もうと思うんだけど、これも、それぞれのブログ読んでみて、福島次郎の「淫月」(「淫月」所収)思い出した。ついでに、話に聞き、写メしに行った、駒込ケンコーセンター(老け専のテンバw)思い出したわ。(はいっ… https://t.co/pQBCJB2lxI
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)