トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 入間人間

入間人間

入間人間さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

入間 人間(いるま ひとま、男性、1986年 - )は日本のライトノベル作家。岐阜県出身。
大学在学中の2006年、第13回電撃小説大賞にて投稿作「幸せの背景は不幸」が最終選考に残り、同作を『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸』へと改題・改稿し、翌年の2007年に、アスキーメディアワークスの発行する電撃文庫より小説家としてデビューする。ちなみに入間人間というペンネームの由来について、投稿時代は「応募ごとに(ペンネームを) 変えていたので、当時なぜこうしたかはよく覚えていません。」とのこと。
デビュー当初、影響を受けた作家として西尾維新、乙一、米澤穂信を挙げていた。
作風は、担当編集者からも「入間人間の文章は、全くわからん」と言われるほどの個性的な文体を用いている。リアリティを重んじる傾向にあり、残酷な描写も多い。ゲーム、アニメ、漫画といった他メディア作品からの引用、つまりパロディを含んだ軽妙な表現を特徴とする。また作中には奇異な価値観を持った登場人物が多出する。時間SFや群像劇、叙述トリック、自意識を描く青春小説などを得意としている。また、登場人物を複数の作品に登場させるスター・システム的な試みを採用しており、二次創作企画を除く、ほぼ全ての作品で世界観を共有していると思われる。このことに関して本人は、「これは上遠野浩平さんや伊坂幸太郎さんの影響だと思います。」と語っている。
また特定のイラストレーターと複数の作品でコンビを組むことが多い。代表的なのは左・ブリキ・宇木敦哉。
この三人以外と組む機会も増えてきたが、いずれのイラストレーターとも、最低でも二作以上の作品(短編、長編問わず)で関わっているものがほとんどである。

入間人間新刊

  • 発売日
    2018年4月24日
  • 書名
    もうひとりの魔女 (メディアワークス文庫)
  • 発売日
    2017年12月22日
  • 書名
    もうひとつの命 (メディアワークス文庫)

受賞歴

入間人間関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

入間人間関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ranobe_ef_bot(かな)入間人間の小説『電波女と青春男』の主人公です→【丹羽真】=【にわまこと】
minitanbo『少女妄想中』、めちゃくちゃ入間人間らしい小説だった。レトリック的にはあまり捻りがないというか淡白な印象を受けたけど、それがむしろ作品の雰囲気とマッチしてたかな。
manamiprawnなんか書籍部が入間人間の小説入荷してるし、久しぶりに爆買いしようかな…
fragments_bot名前の分からない月。それでも、僕らに光は届いた。風情のなさが、ただ相応しかった。(入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』)
dokuzetuiruma入間人間さんのラノベはみーまーだけじゃないよ?
qma_ani_jun次の文字列を順に選んで入間人間のライトノベルのタイトルにしなさい嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
phrase_fav謎は全て解けて犯人はお前なんだけどそれでどうしろと仰るんだ。(嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん/入間人間)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)