トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 多田尋子

多田尋子

多田尋子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

多田 尋子(ただ ひろこ、1932年1月19日- )は長崎県生まれの小説家。日本女子大学国文科卒業。本名・石亀尋子。
駒田信二の朝日カルチャーセンターの小説教室に通っていた。
1986年(昭和61年) - 「白い部屋」が第96回芥川賞最終候補作となる
1988年(昭和63年) - 「単身者たち」が第100回芥川賞最終候補作となる
1989年(平成元年) - 「裔の子」が第101回芥川賞最終候補作、「白蛇の家」が第102回芥川賞最終候補作となる
1991年(平成3年) - 「体温」が第105回芥川賞最終候補作、「毀れた絵具箱」が第106回芥川賞最終候補作となる

受賞歴

多田尋子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

多田尋子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

toibooks【再入荷】歴代最多の6度、芥川賞候補にあがった多田尋子の小説集を約30年ぶりに復刊。ままならない大人の恋を温もりある文体で描いた一級品の恋愛小説集。無駄なく心に語りかけてくる物語、心の機微を巧みに掬いとった語り口に安心して身… https://t.co/CSu8dOm1tF
nanaonreading「みすず」(2020年)の読書アンケート特集で、山田 稔さんが多田尋子小説集『体温』を取り上げておられたので、梅田に買いに行ったが見当たらず。フレイディみかこさんは『古くてあたらしい仕事』(島田潤一郎)を取り上げて、「こんなにた… https://t.co/7G9fgu5SST
koya_books長崎、ひとやすみ書店さんの『体温』(多田尋子、書肆汽水域)の紹介です! さきほど追加の注文もいただきました。長崎のみなさま、ひとやすみ書店さんにこぞって向かい、ご購入ください〜。 https://t.co/8Ej6QRbuxZ
hitotter16先日、2月8日の西日本新聞「カリスマ書店員の激オシ本」担当しています。第21回目は、多田尋子著『体温』 (書肆汽水域) について書きました。毎週土曜に、ブックスキューブリック大井さん、丸善博多店徳永さん、橙書店田尻さんと週替り… https://t.co/YjTnDJwZ66
fefefefe444長い間どれだけ検索してもほとんど情報がなかった多田尋子さんのまさかの復刊に驚いています。 https://t.co/b3xuIIWI7I
minanao多田尋子小説集『体温』。(ダンナがLifeのイベントで購入してきたやつ)初めて読んだのに懐かしい読み心地。そうだ、干刈あがたさんも久しぶりに本棚の奥から取り出して読もうかな、なんて気持ちになった。海燕出身作家さんということからの連想かな。
ISOGAI_1@Mdoosan 多田尋子、如何でしたか?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)