トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦浩

三浦浩

三浦浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三浦 浩(みうら ひろし、1930年10月19日 - 1998年3月24日)は、日本の作家。東京生まれ。
父はコーヒー店主の三浦義武。1949年に京都大学文学部英文科に入学。同学在学中には高橋和巳・小松左京・北川荘平らと京大作家集団に在籍。この時期の活動については、のちに『記憶の中の青春 -小説・京大作家集団-』として小説化を行っている。1953年に同学を卒業し産経新聞に入社、文化部に所属した。当時の文化部長は福田定一(のちの司馬遼太郎)であった。その後、文化面編集部長、論説委員などを歴任した。
産経新聞在職中より文筆活動を始め、1977年7月に上梓した『優しい滞在』が自身二度目となる第78回直木賞候補作となった。この作品は日本推理作家協会賞候補にもノミネートされている。78回直木賞は受賞作なしと決まったが、選考委員の柴田錬三郎は三浦の作品を強く推したと言われる。直木賞にはこの後もつごう四作を送り込んでいる。
1985年に産経新聞を定年退職し、執筆活動に専念した。司馬遼太郎との親交が厚かった三浦は、1996年2月に司馬が死去すると鎮魂歌ともいうべき『菜の花の賦 -小説・青春の司馬さん-』『レクイエム 司馬遼太郎』(三浦編)を発表している。
三浦は喘息の持病があったが、1997年春頃から大病を患い壮絶な闘病生活を送った。病床で妻に口述筆記してもらった『司馬遼太郎とそのヒーロー』が絶筆となり。
「国際的なスケールを持つサスペンス作家」として評価されている。
著書リストを掲げる。★は直木賞候補作品である。
『薔薇の眠り』 三一書房刊 1969年2月28日
★『さらば静かなる時』 河出書房新社刊 1976年7月15日
★『優しい滞在』 光文社刊 1977年11月25日
『遠い祖国』 光文社刊 1978年11月30日
『優しい街たち』 河出書房新社刊 1979年9月28日
『京都大学殺人事件』 光文社刊 1982年9月30日
『ウォッカは死の匂い』 集英社刊 1986年5月25日
★『津和野物語』 文藝春秋社刊 1987年4月25日
★『海外特派員 -消されたスクープ-』集英社刊 1987年8月25日
『復活なきパレード』 勁文社刊 1987年9月10日
『フリスコからの贈り物』 勁文社刊 1988年2月10日
『透明な情事』 講談社刊 1988年2月15日
『ブルータスは死なず』 新潮社刊 1988年12月15日
『珈琲ブレイク』 光文社刊 1990年4月25日
『密約 -ベルリンコネクション-』 集英社刊 1990年5月25日
『俺は探偵だ』 廣済堂出版刊 1992年3月15日
『記憶の中の青春 -小説・京大作家集団-』 朝日新聞刊 1993年11月1日
『特効薬漂流す』 新潮社刊 1994年8月20日
『菜の花の賦 -小説・青春の司馬さん-』 勁文社刊 1996年9月28日
『レクイエム 司馬遼太郎』(三浦編)講談社刊 1996年11月15日
『司馬遼太郎とそのヒーロー』 大村書店刊 1998年8月14日

受賞歴

三浦浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

三浦浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cinepre丈脚本・監督、倉野尾成美、三浦浩一、不破万作、田中真弓、大森ヒロシ、丈、崔哲浩、田中千空、海津陽、細川学、夏井世以子、町本絵里、近藤玲音、中村玉緒、高島礼子共演「いちばん逢いたいひと」の特報が公開されたようだ。… https://t.co/FB1hGNzQBi
SEISOKUGAKUEN_鈴木亮平さん/駿河太郎さん/関谷真由さん/武井壮さん/橘二葉さん/中田青渚さん/永野芽郁さん/根木慎志さん/広瀬アリスさん/広瀬すずさん/ぼる塾さん/マテンロウさん/眉村ちあきさん/三浦浩さん/三宅藤九郎さん/三宅義信さん/武蔵丸さん/森崎りなさん/山本昌邦さん
guitar_panda_23ストロングポイントクロス|BS日テレ特集/パラ・パワーリフティング三浦浩選手 https://t.co/NTZ9VEMeyl
T_Bigsight当社所属の三浦浩選手が出演します✨ https://t.co/u5kkVZoGpN
tocho_jinken #パラリンピアン の方々からの人権メッセージ を発信します!今回は2020大会パワーリフティング出場の三浦浩さんです!「すれ違うお子さんに危ないわよと親御さんの言葉。『車いすは危なくないの歩行者ですから』と心で思う。」次回、村… https://t.co/KTqMSHlFxa
YABUKImakoto122もちろん、『近代説話』同人で直木賞をとれずにいる作家は胡桃沢耕史だけではなかった。司馬遼太郎の新聞記者時代からの後輩・三浦浩もそうだった。人一倍後輩に厳しい司馬遼太郎だから、選考委員時代は三浦を絶対に推さなかった。胡桃沢耕史のときには司馬さんは選考委員を辞めていたが、むしろ→
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)