トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 二瓶哲也

二瓶哲也

二瓶哲也さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

二瓶 哲也(にへい てつや、1968年6月4日 - )は、日本の小説家。新潟県出身。
2012年、「最後のうるう年」で第115回文學界新人賞を受賞。成熟した筆力の持主と評された。

受賞歴

二瓶哲也関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

二瓶哲也関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

y_kurihara『週刊新潮』7/19号「文芸最前線に異状あり」では、北条裕子「美しい顔」事件、渡部直己および早大現代文芸コースのセクハラ事件、二瓶哲也「宮水をめぐる便り」(すばる7月号)を取り上げました。字数的に事件の概要を伝えるので一杯で、論評や新情報はありません。
akahatabunka【今日の赤旗文化面】文芸時評「相模原事件から文学が問うもの」古川真人「窓」(『新潮』)渥美二郎「ライク・ア・ローリング・ストーン」(『民主文学』)二瓶哲也「宮水をめぐる便り」(『すばる』)村上春樹「三つの短い話」(『文学界』)
tsunakokana #第160回 #芥川賞 #はてなブログ第160回芥川賞② 候補作予想「宮水をめぐる便り」二瓶哲也(『すばる』7月号) - 象の鼻-麒麟の首筋.comhttps://t.co/JAYwNF2nYD
tomio_m今月の文芸誌 ◎印購入予定◎新潮 中編 古川真人「窓」、流転の海完結(読んでないけど)◎文學界 村上春樹 三つの短い話 売れるだろうな~、松浦寿光も楽しみ すばる 保坂和志、椎名誠、二瓶哲也 群像 歳時創作シリーズ 伍 季・憶
subaru_henshubu二瓶哲也「宮水をめぐる便り」。ある夜、東京にいる哲秋のもとに突然電話がかかってきた。相手は故郷・新潟に住む従兄の隆文。哲秋は隆文との会話から、「宮水」という土地のことを思い出す。そこは彼にとって30年も訪ねることのなかった、忘却の地のはずだったが……。#すばる7月号
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
二瓶哲也さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)