トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 鷺沢萠

鷺沢萠

鷺沢萠さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鷺沢 萠(さぎさわ めぐむ、1968年〈昭和43年〉6月20日 - 2004年〈平成16年〉4月11日)は小説家。文學界新人賞を受賞し、女子大生作家としてデビューし活躍したが、35歳で縊死した。父は教育系出版社のコーキ出版代表で『戦えリキ』などの作者でもある鷺沢祥二郎。
1968年(昭和43年)6月20日、4人姉妹の末っ子として東京都大田区に生まれる。
8歳の頃に父が田園調布に土地を購入したことから大田区で育つ。
1987年(昭和62年)に「川べりの道」で第64回文學界新人賞を受賞、女子大生小説家としてデビュー。これは当時の最年少受賞であった(1993年〈平成5年〉に記録は塗り替えられた)。
「川べりの道」で文學界新人賞に応募した際、公木 萠(こうき めぐみ)のペンネームを用いたが、「公木」は「鷺沢」とともに、父・祥二郎が使用していたペンネームである公木龍太郎に基づく。
姉は検察官。後に父方の祖母が韓国人であることを執筆のための取材の途上で知る。これを契機に韓国へ留学をし、作品に新境地を開いた。
エッセイの執筆の他、小説や絵本の翻訳も行った。作品はイタリア、韓国などでも翻訳されている。
1990年(平成2年)、映画監督の利重剛と結婚。1991年(平成3年)に離婚。
2004年(平成16年)4月12日の夜に東京都目黒区の自宅で遺体で発見された。死亡は前日未明で、発見の状況から自殺と推定された。享年35歳。

受賞歴

鷺沢萠関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

鷺沢萠関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

wakakusarisugum@Unlock__myself ヴァージニアウルフの『ダロウェイ夫人』マンスフィールド短編集瀧澤美恵子『ネコババの町』鷺沢萠『帰れぬ人々』平野啓一郎『日蝕』
mayonebotひとは歩くのをやめない。伝えたい気持ちをあきらめられない。それは、とても素敵なことだ。とても素敵な「歩み」を、目のあたりにできる時代に生まれたことだけは、もしどこかに神様みたいな存在があるのならば感謝しなければならない、などと切実に思う。 -鷺沢萠『君へ。』
1oocz@kinyougasuki 『海の鳥・空の魚』は私も読みました。もう大分昔、鷺沢萠がまだ自殺していなかった頃です。
kinyougasuki鷺沢萠さんの跡をさがしてしまう、本当にいなくならないようにおすすめします。何回目だ亡くなってしまって結構経つのでAmazonか図書館でしか読めないかもだけど見かけたらぜひ読んで欲しいです。さいはての二人ウェルカム・ホーム… https://t.co/lRikCQotDb
amazakeiko@high_field78 鷺沢萠さん、懐かしいです。昔よく読みました。どこか潔く、きっぱりした言葉を記されるかたでしたよね。こんな素敵な言葉を残してらしたのですね。教えていただいてありがとうございます☺️
yorunoI6鷺沢萠の『バイバイ』を読んでいる。嘘から始まった恋愛に、バイバイを言えないまま、複数人の女性たちとなし崩し的に、恋愛を続ける男性がテーマ。その嘘はストーリーが進むにつれて、綻び始める。鷺沢萠の作品は、1つのものから、たくさんの大切なものを教えてくれる。
daichi_amano間違って売ってしまった本を買い戻す作業。「罪と罰」とか「怒りの葡萄」はいつでも手に入るから諦めた。でも鷺沢萠は買い戻した。亡くなって18年。本屋から少しずつ彼女の本の数が減っていくのを見るのは寂しい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鷺沢萠さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)