トップページ > 公募ではない賞一覧 > 婦人公論文芸賞 > 2001年−第1回 婦人公論文芸賞

婦人公論文芸賞

2001年−第1回 婦人公論文芸賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

婦人公論文芸賞(ふじんこうろんぶんげいしょう)は、女性をテーマとした小説やエッセイなどの文芸作品に贈られた、中央公論新社が創設した文学賞、「女流」という名称に対して批判があり、女性作家の進出が著しい中で女性の作品だけを顕彰するあり方について再検討、名称を改めた。前年7月から当年6月までの作品に対して、10月に年1回の発表であった。選考委員は渡辺淳一、林真理子、鹿島茂、俵万智がつとめた。受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円が授与された。
2006年から同賞を発展させる形で、中央公論文芸賞に継承された。

第1回—2001年

その他の回のデータ(全データ一括表示

婦人公論文芸賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

婦人公論文芸賞関連つぶやき

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)