トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇野千代 > おはん

おはん(宇野千代)

おはん(著者:宇野千代)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:おはん (新潮文庫)
  • 著者:宇野 千代
  • ページ数:128
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101027021
  • ISBN-13:9784101027029

おはん関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.2.20 「岩国文学散歩」参加者募る

    やまぐち文学回廊構想推進協議会は3月17日、岩国市出身の作家宇野千代の作品の舞台となった場所を巡る「岩国文学散歩」を開く。参加者を募集している。

宇野千代のその他受賞歴(候補含む)

おはん関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

19720524b宇野千代と言う小説家がいて、「おはん」とか、「雨の音」を読んだけど、自由奔放な恋愛。アクティブな女性。100歳近く長生きし、「私は死なないような気がする」と、言ってたらしい。が、金さん銀さんも100歳前後まで。ふしぎ。ふしぎなこと。
tokyo_baseball@aya_igei おはよう。「おはん」は昭和時代の小説家である宇野千代の代表作。
barabeni01「おはん」84年/東宝おはん(吉永小百合)おかよ(大原麗子)の間にいるダメ男幸吉(石坂浩二)の話。原作は宇野千代。おはんは忍耐強いが、自我の薄い影のようでもあり不思議な読後感。映画は女優の中で大原麗子さんが特別好きなのと、作… https://t.co/erB5dKs3lj
asagi_s_n15 宇野千代(1897~1996)作家だけでなく着物デザイナーや実業家としても活動。代表作の「おはん」は、芸者に養われているヒモ男が、偶然再会した元カノと元カノが産んだ自分の息子と暮らすことを望む物語。やめろ… https://t.co/AwGmKzU94v
nnnnyohei読書:宇野千代さんのおはん。しっとりはんなりちょっとした地獄な感じ
L_Idiote85映画『おはん』(1958年 / 東宝) 撮影スナップ。池部良と豊田四郎監督。原作は宇野千代の同名小説。1984年にも同じ東宝で市川崑監督、吉永小百合 (おはん) 、石坂浩二 (幸吉) 、大原麗子 (おかよ) という配役で映画化され… https://t.co/4iHCXmbuN8
VnriJJKZ0HLCNNo#読了おはん 宇野千代さん一人の男の独白として描かれている。方言が心地よく、一気に読みました。因果応報というか、間接的復讐のよう。「この人阿呆なんやで」と言うとき、その人の思考をすべて知った上で言うのがもっとも辛辣だ… https://t.co/A7NJkucuQD
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)