トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 西尾維新 > クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い(西尾維新)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い(著者:西尾維新)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
  • 著者:西尾 維新
  • イラストレーター:take
  • ページ数:384
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061822330
  • ISBN-13:9784061822337

西尾維新新刊

  • 発売日
    2018年7月13日
  • 書名
    掟上今日子の備忘録 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    化物語(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)
  • 発売日
    2018年6月14日
  • 書名
    宵物語 (講談社BOX)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.5 作家・西尾維新、言葉紡いだ15年 原点の京都で展覧会

    「京都の二十歳」として出現し、独自の作品世界と驚異的な速筆で活躍する小説家の西尾維新。デビュー15周年を記念する展覧会「西尾維新大辞展~京都篇(へん)~」(展覧会公式サイト http://exhibition.ni.siois.in/別ウインドウで開きます)が7日、京都市の京都文化博物館で開幕します。会場を一冊の辞典に見立て、作品に登場するフレーズやアニメーション原画などの展示で、100冊を超える著作の魅力を紹介。作家その人に、展覧会への思いや執筆秘話を聞きました。

  • 2016.5.6 西尾維新「戯言シリーズ」アニメ化 未電子化作品も続々配信

    「〈物語〉シリーズ」などで知られる作家・西尾維新氏のデビューシリーズ「戯言シリーズ」のアニメ化と、未電子化作品を毎週1作品以上30週以上にわたって連続新配信していくデジタルプロジェクトが6日、講談社より発表された。

  • 2015.10.27 『掟上今日子の備忘録』で明らかになった西尾維新、もうひとつの魅力―ミステリー作家への原点回帰

    西尾維新氏は2002年にデビューを果たした時点ですでに人気作家の階段をのぼりはじめ、そして、今現在も人気作家であり続ける息の長い作家である。とは言っても、彼自身は未だ若い。デビューした時点でわずか20歳だったわけだからそれも当然のことだ。

西尾維新のその他受賞歴(候補含む)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_makura_amane西尾維新大辞展が始まって終わり、クビキリサイクルOVA化、プチオンリー開催、プチオンリーからオンリーに昇格、3も確定、年明けにもあるよ!って西尾民そろそろしんでしまうのでは?大丈夫?皆息してる?
gakusei_2君の意見は完全に間違っにいるという点に目を瞑れば概ね正解だ。西尾 維新 「クビキリサイクル」3日目(2)―集合と算数より
tanteisanbot西尾維新の「クビキリサイクル」から始まる「戯言シリーズ」は読んだか?人によってはキャラの中二臭さが嫌になるかもしれないが、好きな人はとことんハマると思うよ。ちなみに「ネコソギラジカル」からは推理小説じゃなくなるから注意な
hitohira__#名刺代わりの小説10選薬指の標本/小川洋子落下する夕方/江國香織あめふらし/長野まゆみ占星術殺人事件/島田荘司魍魎の匣/京極夏彦メルカトルと美袋のための殺人/麻耶雄嵩クビキリサイクル/西尾維新少年検閲官/北山猛… https://t.co/zyZAZfI45w
athematicalm山田悠介さんの作品は×ゲーム、乙一さんの作品は夏と花火と私の死体、西尾維新さんの作品はクビキリサイクル、佐藤友也さんの作品は鏡姉妹の飛ぶ教室。その作家さん達を初めて知った作品なお、初めてのラノベはリリアとトレイズ(旅行)、初めての小説はそして五人がいなくなる。
writer_words「あのさぁ、頭が悪いのは黙ってたらばれないことなんだから、きみ、ちょっとは口を慎んだ方がいいんじゃない?」by伊吹かなみ  西尾維新「クビキリサイクル」 https://t.co/vPSC7XtzNl
komaaa11@rarirari_bu 西尾維新を順番に読むならクビキリサイクルですけど化物語の方が読みやすいと思います!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)