トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 西尾維新 > クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い(西尾維新)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い(著者:西尾維新)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
  • 著者:西尾 維新
  • イラストレーター:take
  • ページ数:384
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061822330
  • ISBN-13:9784061822337

西尾維新新刊

  • 発売日
    2018年10月5日
  • 書名
    掟上今日子の乗車券
  • 発売日
    2018年7月13日
  • 書名
    掟上今日子の備忘録 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    化物語(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.5 作家・西尾維新、言葉紡いだ15年 原点の京都で展覧会

    「京都の二十歳」として出現し、独自の作品世界と驚異的な速筆で活躍する小説家の西尾維新。デビュー15周年を記念する展覧会「西尾維新大辞展~京都篇(へん)~」(展覧会公式サイト http://exhibition.ni.siois.in/別ウインドウで開きます)が7日、京都市の京都文化博物館で開幕します。会場を一冊の辞典に見立て、作品に登場するフレーズやアニメーション原画などの展示で、100冊を超える著作の魅力を紹介。作家その人に、展覧会への思いや執筆秘話を聞きました。

  • 2016.5.6 西尾維新「戯言シリーズ」アニメ化 未電子化作品も続々配信

    「〈物語〉シリーズ」などで知られる作家・西尾維新氏のデビューシリーズ「戯言シリーズ」のアニメ化と、未電子化作品を毎週1作品以上30週以上にわたって連続新配信していくデジタルプロジェクトが6日、講談社より発表された。

  • 2015.10.27 『掟上今日子の備忘録』で明らかになった西尾維新、もうひとつの魅力―ミステリー作家への原点回帰

    西尾維新氏は2002年にデビューを果たした時点ですでに人気作家の階段をのぼりはじめ、そして、今現在も人気作家であり続ける息の長い作家である。とは言っても、彼自身は未だ若い。デビューした時点でわずか20歳だったわけだからそれも当然のことだ。

西尾維新のその他受賞歴(候補含む)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shiromofu「おすすめのラノベ」と言われたら乙一や西尾維新だな。『きみにしか聞こえない』『ZOO』『クビキリサイクル青色サヴァンと戯言使い』『新本格魔法少女りすか』
gakusei_2君の意見は完全に間違っにいるという点に目を瞑れば概ね正解だ。西尾 維新 「クビキリサイクル」3日目(2)―集合と算数より
ru_shi_pokemon≠を「き」と読ませるで思い出したけど、西尾維新のデビュー作である「クビキリサイクル」ってミステリ作品があるんだけどトリックがクビ≠リサイクルってタイトルでネタバレしてるお洒落な作品があるから読んでみて欲しい
susan0smith1985ナイス 【クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)/西尾 維新】化物語でま、ラノベ作家だよなwという感じだったんですがこれで一気に印象が変わりました。…西尾維新パネェ!確かに… → https://t.co/81BDXOsElL #bookmeter
writer_words「才能なんて、くだらない。そんなしち面倒なもん持ってたら、努力しなくちゃならないだろ?凡人ってのは気楽なもんだよ。『極めなくていい』ってのは、絶対に利点だと思うぜ、俺は。」by逆木深夜  西尾維新「クビキリサイクル」 https://t.co/vPSC7XtzNl
tadanogoriemon54戯言シリーズのいーちゃん控えめに言って召される。西尾維新の処女作である戯言シリーズの主人公であり語り部。化物語だけじゃなくて他の作品にも手を出そう…?沼だよ…ლ(゚д゚ლ)一応クビキリサイクル(1巻)はOVAになってるよ。(… https://t.co/h9uHXoNE1f
mystery_LOVE_taクビキリサイクルの余韻やばめ。西尾維新侮ってた…好き。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)