トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田健一 > ヨオロッパの世紀末

ヨオロッパの世紀末(吉田健一)

ヨオロッパの世紀末(著者:吉田健一)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ヨオロッパの世紀末 (岩波文庫)
  • 著者:吉田 健一
  • ページ数:263
  • 出版社:岩波書店
  • ISBN-10:4003319427
  • ISBN-13:9784003319420

ヨオロッパの世紀末関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

ヨオロッパの世紀末関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

minhaya_bot著書に『英国の文学』『ヨオロッパの世紀末』があり、政治家の吉田茂を父に持っていたことでも知られるイギリス文学者は誰でしょう? A.吉田健一(よしだけんいち)(9%)
hharunaga「吉田健一はヨーロッパの世紀末を認識する時代と性格づける。その典型はヴァレリーのテスト氏だ。言葉の認識が制作と一致する詩と批評が発達する」(岡本源太) / “吉田健一『ヨオロッパの世紀末』 - The Passing” https://t.co/lU7cOy8OEW
Itou_Cocoon「自分の悲みや苦みに執着することに転じたのであっても、それは流行によってその毒を薄められ、他人のことで自分は傷かずに涙を流すことになって、その文学は頭を使わないで言葉の世界に遊べる意味でこの時代に恰好のものだった。」(吉田健一『ヨオロッパの世紀末』)
kaz0406naka外国語ができるのは立派な武器になる。澁澤龍彦も吉田健一も、今尚読まれる著作に種本があつた。澁澤の「生きていたシャルリュス男爵」は後年国書刊行会が出したロベール・ド・モンテスキウ伝から随分と写して居た。吉田の『ヨオロッパの世紀末』を大岡昇平は種本を知つて居るから認めないと批判した。
maruyaessai吉田健一の『文学概論』には舌を巻く思ひだつた。言葉と精神についての考察から文学の各ジャンルへと一気に攻めてゆくエネルギーに圧倒されたのである。あれは『ヨオロッパの世紀末』や『英国の文学』とくらべて話題にならない本だけど、もつと注目されていい。『文学のレッスン』
nikkeipub超人気建築家、#隈研吾 氏の血肉となった本、3冊目 は、吉田健一の『ヨオロッパの世紀末』。高校時代に修道院で読み、その独自のヨーロッパ観に感化される。「文明とは優雅と諦念」というフレーズは、その後の建築家の仕事にも生きていく。https://t.co/6UB6JzpRw5
qYnHe72Z5tCGfwKそういえば、ユングや吉田健一にハマっていた時期もあったなぁ!今は1冊も持ってないけど…。『ヨオロッパの世紀末』と『時間』は最高だった。あ、『ラフォルグ抄』は持ってる❣
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)