トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松浦寿輝 > 半島

半島(松浦寿輝)

半島(著者:松浦寿輝)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:半島 (文春文庫)
  • 著者:松浦 寿輝
  • ページ数:345
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4167703025
  • ISBN-13:9784167703028

半島関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

松浦寿輝のその他受賞歴(候補含む)

半島関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ev_i_ve松浦寿輝『半島』読む
iumani_ft_ngi格非(関根謙 訳)『桃花源の幻』中野美代子『塔里木秘教考』 ラーラ・プレスコット(吉澤康子 訳)『あの本は読まれているか』松浦寿輝『半島』丸谷才一『たった一人の反乱』22年の思い出。ぼんやりしていたら年が明けてしまった。
dadada_dagda【本の購入メモ】日影丈吉『泥汽車』(白水社)松浦寿輝『半島』(文藝春秋)トマス・ピンチョン『競売ナンバー49の叫び』(筑摩書房)アルベルト・モラヴィア『ローマ物語(Ⅰ・Ⅱ)』(集英社文庫)ピエル・パオロ・パゾリーニ『アッカットーネ』(ハヤカワ文庫NV)
BisforBookclubとりわけ松浦寿輝『半島』(文藝春秋)は、函装のうえ表紙や化粧扉にはヴィルヘルム・ハメルショイ(近年はハンマースホイ表記のほうが一般的でしょうか)の絵画があしらわれています。小説の装画にハンマースホイの作品が使われるのは、この本が最初期でしょうか?
kalashnikovread平野啓一郎『かたちだけの愛』中村文則『逃亡者』中村文則『R帝国』筒井康隆『大いなる助走』莫言『赤い高粱』川上未映子『春のこわいもの』砂川文次『ブラックボックス』上田岳弘『キュー』松浦寿輝『半島』西村賢太『蠕動で渉れ、汚泥の川を』 #2022年の本ベスト10冊
tougyou501松浦寿輝さんの小説「半島」 おすすめです。大衆文学と純文学の好いとこどり。めずらしく書評を書きたくなった。
konbiniiku読んだ。素晴らしい心地。松浦寿輝の文体が好き、決して読みやすいような文章ではない気がするのに、文字を追うとするするひたひたと身体の内に入ってくるようだった、よい。松浦寿輝/「半島」 https://t.co/Yym7aKWLKw
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)