トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山本文緒 > 落花流水

落花流水(山本文緒)

落花流水(著者:山本文緒)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:落花流水
  • 著者:山本 文緒
  • ページ数:256
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087744337
  • ISBN-13:9784087744330

落花流水関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

山本文緒のその他受賞歴(候補含む)

落花流水関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

HYGA371#読了落花流水 山本文緒親と子のつながり、そして男女としてのつながり。すごく重たい話だったけれど、読んでよかったと思える作品だった。 https://t.co/cCOK2324rh
__mcrn__最近……というほど最近でもないけど、山本文緒さんの「落花流水」を買いました。この本は高校の頃図書室で読んで物凄く衝撃を受けた作品なんだけど、何年もの月日が経って久しぶりにまた読みたくなって購入しまし…続きは質問箱へ… https://t.co/N5Yni2SZiU
o_k_e_n_また(あまり書くとネタバレになってしまうけど)親から子へ、それぞれの視点からの関係性を時代を追って描いた長編「落花流水」を思わせるところもある。これが最後の長編になったのはもちろん意図してたわけではないだろうけど、期せずして山本文緒の集大成になっている感がある。
studio_onestepおすすめの本の紹介:『落花流水 (角川文庫)』(山本 文緒 著)なんとも言えないヘビーなお話し。嫌いじゃない https://t.co/b8qtmjqF2D https://t.co/kD9B4w9Edr
misato_aaaa山本文緒『落花流水』流れる川に落ちた花弁の如くとどまることができない女たち。祖母から孫へと静かに受け継がれる『奔放』の血。どの登場人物にも共感できないにも関わらず冒頭から引き込まれた。#読書記録 https://t.co/Q46y4wyaN4
user_tenFなんか昔読んだ山本文緒かなんかの本がめちゃはめつでオゥ…ってなった気がする 落花流水だっけ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)