トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 梁石日 > 血と骨

血と骨(梁石日)

血と骨(著者:梁石日)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:血と骨〈上〉 (幻冬舎文庫)
  • 著者:梁 石日
  • ページ数:466
  • 出版社:幻冬舎
  • ISBN-10:4344401050
  • ISBN-13:9784344401051

血と骨関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2004.4.30 作家の読書道:第30回 金原ひとみさん

    デビュー作の『蛇にピアス』で、いきなり20歳で芥川賞を受賞し、04年初頭の読書界の話題をさらった金原ひとみさん。ご本人はというと、世間の大騒ぎに踊らされることなく、地に足のついた、非常にしっかりした印象の女の子。独自の文章世界を持ち、きらめく才能で我々を圧倒した彼女は、一体どんな本を読んできたのか。劇団「大人計画」が大好きという意外な一面も交えて、お話ししてくれました。

梁石日のその他受賞歴(候補含む)

血と骨関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

KbizjEyHmWVFCxg「血と骨」という小説があります。作者梁石日の父親「金俊平」の実話です。そこにも父親「金俊平」が船に乗って密入国で日本に来た描写があります。真実を語る韓国人は少数です。何故、虚偽を広めるのでしょうか?いつか自分達の首をしめる事になる… https://t.co/JtDCzB9A6R
Yae_f【血と骨(下) (幻冬舎文庫)/梁石日】上巻は終戦で終わっていたので、下巻は戦後。金俊平の年齢も中年から初老に。大阪のバラックに住む在日コリアンが蒲鉾工場、金貸し業で財を得る。その辺りはやはりハ… → https://t.co/ISmBw3qyqM #bookmeter
QMA_Mys_Bot2[エフェ]『タクシー狂躁曲』『血と骨』などの小説で知られる作家です「梁石日」 → ヤン・ソクイル
QMAanotherbot(ライエフェ)『タクシー狂躁曲』『血と骨』などの小説で知られる作家です【梁石日】→ヤンソギル/ヤンソクイル
SasakiYuichi719梁石日さんの「血と骨」をたまたまデュッセルドルフの本屋で中古本を見つけて初めて読み、映画よりも各登場人物の意思が見え、特に金俊平の視点が違って見えました。映画版では北野武の顔が我が家の父にそっくりで、昭和の貧しい男です。彼ももう少しで80歳。長生きしてほしいです。
BlackRin11梁石日『血と骨』身長185センチ体重100キロ超えの大男、金俊平の物語である。この作品は、金が暴れる→周りが修復する→金が暴れる→周りが修復するの繰り返しなのだ。腕っぷしが強く、物事を暴力でしか解決できない金と、彼の磁力に引き付… https://t.co/srzH5LIZBA
badbadbad94@taimathetokyo こんにちは。いつも拝見してます
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)