トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 梁石日

梁石日

梁石日さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

梁 石日(ヤン・ソクイル、ヤン・ソギル、양석일、1936年8月13日 - )は、日本の小説家。在日朝鮮人。通名:梁川正雄。
大阪市猪飼野で生まれる。両親は済州島から大阪市に移住してきた。戦後、一家は蒲鉾製造で成功したが、父はほどなく愛人を作り、妻子を棄てて家を出た。
大阪府立高津高等学校定時制在学中に、内灘闘争に参加。詩人の金時鐘から詩の手ほどきを受ける。朝鮮総連系の同人誌「ヂンダレ」に詩を投稿した。その後、靴屋や鉄屑屋、洋服店勤めなどの後、実父から300万円を借り印刷会社を経営するも事業に失敗し、仙台に逃げ、喫茶店の雇われマスターになったが更に借金は増え、やがて上京し新宿に寮のあるタクシー運転手の職に就いた。そんな中、病床にあった実父から家業を継ぐ事を求められたが断り、実父はほどなく全財産を寄付して北朝鮮に渡り現地で病死した。
新宿のスナックで酒を飲みながら、タクシー客とのやりとりを面白おかしく語っていたところ、たまたま聞いていた出版編集者に執筆を勧められて書いた『狂躁曲』(単行本出版時の題名は『タクシー狂躁曲』)でデビュー。同作は1993年に崔洋一監督により『月はどっちに出ている』として映画化され、大ヒットする。タクシードライバー時代に2度事故を起こし大怪我を負い退職。物品販売業をしながら執筆を行う。1994年、大阪砲兵工廠跡を舞台に在日韓国・朝鮮人の鉄屑窃盗団アパッチ族の暗躍を描いた『夜を賭けて』が直木賞候補になる。同作は2002年劇団・新宿梁山泊の座長・金守珍により山本太郎主演で映画化されている。
1998年、実父をモデルに戦中戦後の強欲、好色、妄執に執りつかれた男の栄光と転落を描いた『血と骨』で第11回山本周五郎賞を受賞、馳星周、関口苑生、原田芳雄などに絶賛され同作品が再び直木賞候補になる。同作も崔洋一監督によりビートたけし主演で映画化、2004年に公開された。2002年、タイを舞台とした幼児の売買春・人身売買・臓器売買を描いた『闇の子供たち』を発表。同作は阪本順治監督によって映画化され、2008年に公開されたが、バンコク国際映画祭での上映中止などタイで強い反発を呼んだ。日本でも、ネットなどでノンフィクション映画と宣伝されたことについて反発があった。結局宣伝コピーからノンフィクションの文字は削られた。 (『闇の子供たち』の内容は梁による創作である。''闇の子供たち#作品内容のフィクション性参照'')。また、柳美里の芥川賞受賞作『家族シネマ』の映画化の際には、父親役として出演した。
2008年12月 NHK教育テレビ「知るを楽しむ 人生の歩き方(全4回)」で、自らの生い立ちと文学的背景、現代が抱える闇を語った。そのなかで、自作『夏の炎』でモティーフにした、朴大統領暗殺を謀り夫人を射殺した在日同胞の文世光に強い共感を覚えたと発言した。date=2015年1月|このことは、韓国のマスコミからの攻撃を招き、民団系在日韓国人からも強い批判が生じた。

受賞歴

梁石日関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2005.9.30 作家の読書道:第47回 馳星周

    『不夜城』で衝撃的なデビューをして以来、ノワールの旗手として多くの著書を生み出してきた馳星周さん。最新刊『楽園の眠り』(徳間書店)では幼児虐待をテーマに、女子高生と刑事が登場します。インタビューでは、北海道で過ごした少年時代、新宿ゴールデン街での学生アルバイト時代、「本の雑誌」での書評家時代に培われた読書歴が、馳さんの作品群を支えているのだと伝わってきます。窓越しに新宿御苑の広がるホテルで、葉巻をくゆらせながら語っていただきました。

  • 2005.7.28 著者インタビュー - 梁石日さん『海に沈む太陽』

    --『海に沈む太陽』の主人公は黒田征太郎さんがモデルとのことですが、黒田さんとのおつきあいはいつごろからですか?

  • 2004.4.30 作家の読書道:第30回 金原ひとみさん

    デビュー作の『蛇にピアス』で、いきなり20歳で芥川賞を受賞し、04年初頭の読書界の話題をさらった金原ひとみさん。ご本人はというと、世間の大騒ぎに踊らされることなく、地に足のついた、非常にしっかりした印象の女の子。独自の文章世界を持ち、きらめく才能で我々を圧倒した彼女は、一体どんな本を読んできたのか。劇団「大人計画」が大好きという意外な一面も交えて、お話ししてくれました。

梁石日関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

KbizjEyHmWVFCxg「血と骨」という小説があります。作者梁石日の父親「金俊平」の実話です。そこにも父親「金俊平」が船に乗って密入国で日本に来た描写があります。真実を語る韓国人は少数です。何故、虚偽を広めるのでしょうか?いつか自分達の首をしめる事になる… https://t.co/JtDCzB9A6R
yatainokohi梁石日さんの『闇の子ども達』や731のことを考えると怖くなる。♪731切り離されて 浮いている生首 脳みそ 手足 内蔵人が実験材料さ男も女も子どもも胎児も「王道楽土」と言いながら 作ったのは地獄… https://t.co/UjcSmo21UD
chiyohimefujiこれはパクリ作なのか?なんかコンビニマンガで、永井荷風が梁石日のオヤジみたいになってたんだけど
Jane_M3@moukoshimgeki ガチの特亜寄りというか、佐野真一氏が戸籍まで調べて朝鮮人暴力団の息子と週刊朝日に書いてました。また、作家の梁石日氏が、橋下徹は日本人を団結させるから危険だとも言ってました。当時はそんな印象でした。
Yae_f【血と骨(下) (幻冬舎文庫)/梁石日】上巻は終戦で終わっていたので、下巻は戦後。金俊平の年齢も中年から初老に。大阪のバラックに住む在日コリアンが蒲鉾工場、金貸し業で財を得る。その辺りはやはりハ… → https://t.co/ISmBw3qyqM #bookmeter
QMA_Mys_Bot2[エフェ]『タクシー狂躁曲』『血と骨』などの小説で知られる作家です「梁石日」 → ヤン・ソクイル
QMAanotherbot(ライエフェ)『タクシー狂躁曲』『血と骨』などの小説で知られる作家です【梁石日】→ヤンソギル/ヤンソクイル
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    梁石日さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)