トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 荻原浩

荻原浩

荻原浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

荻原 浩(おぎわら ひろし、1956年6月30日 - )は、日本の小説家・推理作家。埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身、成城大学経済学部卒業。
大学在学中は広告研究会に所属。1980年、大学卒業後、広告代理店に入社。1991年、ふたつめの広告代理店を辞めて独立し、フリーのコピーライターとして築地に事務所を構える。39歳のときに小説を書き始める。小説を書き始めた理由について『作家の履歴書』では「広告の文章ってどこまで書いても所詮はひとのもの」であり、「だれにも邪魔されない文章を書いてみたくなった」から、『私がデビューしたころ』では「暇が怖かったから」「毎日の仕事に倦んでいた」からだと答えている。
1997年、初めて書いた長編小説『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞を受賞し小説家デビュー。デビュー作とそれに続く『なかよし小鳩組』はユーモア小説だったが、当初『小説推理』に連載する予定だった第三長編『ハードボイルド・エッグ』で初めてミステリを発表した。
なかなかヒットに恵まれなかったが、若年性アルツハイマーをテーマに2004年に発表された『明日の記憶』が、翌年(2005年)の第2回本屋大賞の第2位にランクインする。そしてその1か月後の同年5月、第18回山本周五郎賞に輝く。同作品は俳優の渡辺謙がロサンゼルスの本屋で知りその内容に深く感動、渡辺自ら原作者の荻原に「映画化させてほしい」と手紙で懇願、監督に堤幸彦を迎え、2006年5月に映画化された。
「器用貧乏なのかもしれない」と自己分析することもある。

荻原浩新刊

  • 発売日
    2019年11月18日
  • 書名
    ストロベリーライフ (毎日文庫) (毎日文庫 お 1-1)

受賞歴

荻原浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

荻原浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kinjiro_books「サニーサイドエッグ/荻原浩」ハードボイルドに憧れながらも現実はなかなか上手く決まらない主人公のキャラが最高。ユーモアと切なさのバランスが絶妙。笑えて泣けるっていうのはこの作品のこと。#読了 #読書好きな人と繋がりたい https://t.co/gJedzlcaWo
mofs39mo#私を読書沼に落とした小説10選明日の記憶 / 荻原浩パークライフ / 吉田修一泣かない女はいない / 長嶋有円卓 / 西加奈子死神の精度 / 伊坂幸太郎エイジ / 重松清不道徳教育講座 / 三島由紀夫色彩を持… https://t.co/WT6bGVKPGK
sutou3328@rinurinu_246 りぬさん、おはようございます
Suzukazesi_hon『ストロベリーライフ』荻原浩父が倒れ静岡の実家に帰省した恵介。家業を相続する気はないが、苺だけはなんとかしようと栽培を手伝うことに。東京での仕事と苺の栽培を悪戦苦闘しながら両立させ、新しい農業経営を模索する恵介を応援したくな… https://t.co/T0trSGSEfA
sailrun楽園の真下 荻原浩 読み終わり。学者ものかな~と読んだら、パニックムービーテンプレ完備。これは一部の人にしか受けない!というか、次のネタにいいですね。アサイラムさん?いやでも、私アップの複眼とか怖いからな~、これが映像化してもあまり見たくないわ……。
QMA_Mys_Bot1[線結び]次の第144回直木賞の候補となった小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい → 『月と蟹』―道尾秀介、『砂の王国』―荻原浩、『蛻』―犬飼六岐 ※蛻=もぬけ。犬飼六岐=いぬかいろっき。
fastmastjこれはとてもどうでもいい話なんですが、「愛しの座敷わらし」を執筆された荻原浩さんが成城大学出身であると知り大変驚いています
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
荻原浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)