トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 荻原浩

荻原浩

荻原浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

荻原 浩|おぎわら ひろし|1956年6月30日 - は、日本の小説家・推理作家。埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身、成城大学経済学部卒業。
大学在学中は広告研究会に所属。1980年、大学卒業後、広告代理店に入社。1991年、ふたつめの広告代理店を辞めて独立し、フリーのコピーライターとして築地に事務所を構える。39歳のときに小説を書き始める。小説を書き始めた理由について『作家の履歴書』では「広告の文章ってどこまで書いても所詮はひとのもの」であり、「だれにも邪魔されない文章を書いてみたくなった」から、『私がデビューしたころ』では「暇が怖かったから」「毎日の仕事に倦んでいた」からだと答えている。
1997年、初めて書いた長編小説『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞を受賞し小説家デビュー。デビュー作とそれに続く『なかよし小鳩組』はユーモア小説だったが、当初『小説推理』に連載する予定だった第三長編『ハードボイルド・エッグ』で初めてミステリを発表した。
なかなかヒットに恵まれなかったが、若年性アルツハイマーをテーマに2004年に発表された『明日の記憶』が、翌年(2005年)の第2回本屋大賞の第2位にランクインする。そしてその1か月後の同年5月、第18回山本周五郎賞に輝く。同作品は俳優の渡辺謙がロサンゼルスの本屋で知りその内容に深く感動、渡辺自ら原作者の荻原に「映画化させてほしい」と手紙で懇願、監督に堤幸彦を迎え、2006年5月に映画化された。
2020年、『人生がそんなにも美しいのなら 荻原浩漫画作品集』を刊行し、60歳で漫画家デビューする。

受賞歴

荻原浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

荻原浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

niyarthミーハーだけど最近増えているのは伊坂幸太郎さんと荻原浩さんの本ですね。読んで損なしと自信を持ってお薦めできるのは荻原浩さんの砂の王国です。上下巻でページ数も相当多いですが読み終わってももっと読みたい、読み足りない。続編を書いてくれ!!って切望するぐらい面白いです。
KJ_LINEナイス 【明日の記憶 (光文社文庫)/荻原 浩】再読。若年性アルツハイマー。記憶を失い、完治不能な病気。家族のことを忘れ、人格も忘れてしまう病気。身体的な不自由は、もちろん辛いことだと思うが、そ… → https://t.co/TGv8vdJFlM #bookmeter
midorizosan【コールドゲーム (新潮文庫)/荻原 浩】こわい。幼稚な行動の行く先。2020.128 → https://t.co/kqF5Nr1lXM #bookmeter
mona21682誰もが否定できない〈きれいな言葉〉を、まして完璧な容姿の人間が語れば、中身は空っぽでも人の心を掴む確率は上がる。逆に空虚な言葉だからこそ人々がそれを勝手に解釈し、勝手にハマる宗教的構図が生まれるのかもしれない荻原浩(作家、砂の王国から)
cyausabancyou荻原浩さんの著作、『金魚姫』面白い。
novel_beginningバースディはご機嫌ななめだった。さよならバースディ/荻原浩
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
荻原浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)