トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 荻原浩

荻原浩

荻原浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

荻原 浩|おぎわら ひろし|1956年6月30日 - は、日本の小説家・推理作家。埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身、成城大学経済学部卒業。
大学在学中は広告研究会に所属。1980年、大学卒業後、広告代理店に入社。1991年、ふたつめの広告代理店を辞めて独立し、フリーのコピーライターとして築地に事務所を構える。39歳のときに小説を書き始める。小説を書き始めた理由について『作家の履歴書』では「広告の文章ってどこまで書いても所詮はひとのもの」であり、「だれにも邪魔されない文章を書いてみたくなった」から、『私がデビューしたころ』では「暇が怖かったから」「毎日の仕事に倦んでいた」からだと答えている。
1997年、初めて書いた長編小説『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞を受賞し小説家デビュー。デビュー作とそれに続く『なかよし小鳩組』はユーモア小説だったが、当初『小説推理』に連載する予定だった第三長編『ハードボイルド・エッグ』で初めてミステリを発表した。
なかなかヒットに恵まれなかったが、若年性アルツハイマーをテーマに2004年に発表された『明日の記憶』が、翌年(2005年)の第2回本屋大賞の第2位にランクインする。そしてその1か月後の同年5月、第18回山本周五郎賞に輝く。同作品は俳優の渡辺謙がロサンゼルスの本屋で知りその内容に深く感動、渡辺自ら原作者の荻原に「映画化させてほしい」と手紙で懇願、監督に堤幸彦を迎え、2006年5月に映画化された。
2020年、『人生がそんなにも美しいのなら 荻原浩漫画作品集』を刊行し、60歳で漫画家デビューする。

受賞歴

荻原浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

荻原浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

KJ_LINEナイス 【砂の王国(下) (講談社文庫)/荻原 浩】安倍総理襲撃事件から発覚した旧統一教会と政治家たちの闇関係が今話題になっている。何気なく読み始めたこの小説がおお!タイムリーであった。ストーリ… → https://t.co/2CyfMt8WHL #bookmeter
novel_beginningフタマタカズラの花が咲く年は、村に異変が起こる。牛穴村では古くからそう信じられている。白い花が咲けば吉兆。赤い花が咲けば凶兆。オロロ畑でつかまえて/荻原浩
quino_chin荻原浩「マスク・オブ・モンスターズ」、とてもいい。コロナ禍が生む悲喜こもごも。
taketalk2021@x_chomo_x おすすめ教えてくれるのありがたい
514kind【砂の王国(下) (講談社文庫)/荻原 浩】を読んだ本に追加 → https://t.co/xwUlraqLaR #bookmeter
iori_mistakeおえかき宝探しin東京タワーThe Secret Code 04クリア(๑╹ω╹๑ )お出かけついでに小説も購入荻原浩さんの作品は全部持ってるし全部読んだけど、綺麗な状態でとっておきたく2巡目購入してるとこなん♪ https://t.co/3os1vGkIb7
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
荻原浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)