トップページ > 公募新人賞一覧 > 小説すばる新人賞

小説すばる新人賞

小説すばる新人賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

小説すばる新人賞(しょうせつすばるしんじんしょう)は、集英社が発行する小説誌『小説すばる』の公募新人文学賞である。年1回発表されている。受賞者には正賞として賞牌、副賞として200万円が授与される(第19回までは100万円)。小説すばる新人賞、柴田錬三郎賞、すばる文学賞、開高健ノンフィクション賞の4賞を、集英社出版四賞という。2016年時点で、同賞の最年少受賞記録は、16歳で受賞した青羽悠(第29回)。

第25回2012年(応募総数:1423)

受賞

受賞

第24回2011年(応募総数:1341)

第23回2010年(応募総数:1334)

受賞

第22回2009年(応募総数:1266)

第21回2008年(応募総数:1255)

受賞

受賞

第20回2007年(応募総数:1216)

第19回2006年(応募総数:968)

受賞

以前のデータ(全データ一括表示

小説すばる新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.4.2 渡辺淳一文学賞に千早茜さん 「透明な夜の香り」

    第6回渡辺淳一文学賞(集英社など主催)は1日までに、千早茜さんの「透明な夜の香り」(集英社)に決まった。賞金200万円。

  • 2020.4.1 【今週はこれを読め! エンタメ編】朝井リョウのタイアップ&コラボ短編集『発注いただきました!』

    以前ある作家が「小説やエッセイを書くのは完全にお金のため」という趣旨の文章を書いておられるのを読んで(うろ覚えだが、概ねこういう内容だった)、衝撃を受けたことがある。作家というものは、"たとえお金にならなくても書くのをやめられない"人がなるものだと思っていたからだ。しかしながら、これは私が読者としてナイーブすぎた。それで生計を立てている以上、書くことと収入とは切っても切り離せない。そしてまた、依頼主からの注文があれば、書き手はその希望に沿って書くこともまた必要になってくるわけだ。

  • 2019.9.12 小説すばる新人賞に上畠菜緒さん、佐藤雫さん

    第32回小説すばる新人賞(集英社主催)は12日、上畠菜緒さん(25)の「しゃもぬまの島」、佐藤雫さん(31)の「海の匂い」に決まった。賞金は各200万円。贈賞式は11月15日に東京都内で行われる。

小説すばる新人賞関連つぶやき

readabookreview第二八回松本清張賞受賞作『万事快調』(波木銅)。第四一回横溝正史ミステリ&ホラー大賞・大賞受賞作『虚魚』(新名智)。第一五回小説現代長編新人賞受賞作『檸檬先生』(珠川こおり)。第三四回小説すばる新人賞受賞作『コーリング・ユー』(永原皓)。→
motonobu_oshiki#読了『コーリング・ユー』永原皓第34回小説すばる新人賞受賞作。シャチって怖いイメージしかなかったけど、この小説のセブンはすごくかわいい。後半、かなり偶然が多すぎる気もしますが、全体で見ると展開が早くて飽きずに読めて… https://t.co/ch7nhAk7OY
ruri_tubaki小説すばる新人賞は2次選考通過で終わりました!健闘出来た方だと思います!また頑張るぞ~~!!✨✨通過作「海底都市に折々の花」は10月1日からweb連載予定です!
emmatcha_dayo_o『言の葉、残りて』二年前小説すばる新人賞受賞作
tamaokiksme小説すばる新人賞授賞作 完全に百合ですね?
anntenjoh小説すばる新人賞は増島拓哉が受賞した時に選考委員が「作者が10代の若者と知って驚いた、読んでる時は中年の手練れが書いていると思っていた」と言っていて、完全にプロフィールを伏せて選考していると分かって信頼度が上がった まあ最近は他もそうなのかもしれないけど…
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)