トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 西村京太郎

西村京太郎

西村京太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

西村 京太郎(にしむら きょうたろう、1930年9月6日 - )は、日本の小説家、推理作家。トラベルミステリーの第一人者で、十津川警部の生みの親として知られている。本名は矢島 喜八郎(やじま きはちろう)。
国民学校卒業後、東京府立電気工業学校(のちの東京都立工業高等専門学校→東京都立産業技術高等専門学校)に進むが中退し東京陸軍幼年学校に挑戦。100倍の競争率を突破して入学するが、在学中の15歳で終戦を迎えたため、工業学校復学・卒業後、臨時人事委員会(後の人事院)に就職する。11年勤務後に退職し、トラック運転手、私立探偵などを経て作家生活に入る。
初期は社会派推理小説を書いていた。 じきにスパイ小説、クローズド・サークル、パロディ小説、時代小説など多彩な作品群を発表する。中でも海難事故もの(これについては西村本人が海が好きだったため。十津川警部は大学ヨット部出身という設定。)、誘拐もの(あらゆる犯罪の中で最も知能を要するので推理小説にふさわしいと考えたから)が多かった。
日本中にトラベルミステリーというジャンルを示すきっかけとなったヒット作『寝台特急殺人事件』から全面的にトラベルミステリーに移行する。西村が考えた、鉄道などを使ったトリックやアリバイ工作は、そのリアリティが功を奏し根強い人気がある。
シリーズキャラクターである十津川警部や左文字進などを生み出し、その作品の多くがテレビドラマ化されている。
オリジナル著作は、2012年3月10日発行の『十津川警部秩父SL・三月二十七日の証言』で500冊、2015年2月25日発行の『東京と金沢の間』で550冊に達し、その後も新刊の刊行は続いており、単行本の累計発行部数は2億部を超える。この数字を記録した作家は、日本では2012年現在、西村と赤川次郎の2人しかいない。「東京スカイツリーの全高を超える冊数(635冊)までは書きたい。出来るかどうかは分からないが」と言っている。

西村京太郎新刊

  • 発売日
    2018年3月5日
  • 書名
    十津川警部 九州観光列車の罠
  • 発売日
    2018年1月25日
  • 書名
    十津川警部 湖北の幻想 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年1月10日
  • 書名
    十津川警部 出雲伝説と木次線 (ジョイ・ノベルス)

受賞歴

西村京太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.12.5 「ご当地小説」花盛り 地方書店発 ヒット作も

    「京都の喫茶店が舞台のミステリー」から「大分発のSF」まで、地方が舞台の「ご当地小説」が花盛りとなっている。出版不況で「町の本屋さん」の苦境が続く中、地方の書店から火が付いたヒット作も生まれている。そんな文芸版"地方創生"の動きを追った。

  • 2016.4.12 【文学賞記者日記2016】シリーズものに光をあてる新設の文学賞、第1回は『しゃばけ』が受賞!

    去る4月11日、東京・日比谷の帝国ホテルで吉川英治賞の贈賞式が開催された。

  • 2016.1.21 作家の読書道 第168回:早見和真さん

    デビュー作『ひゃくはち』がいきなり映画化されて注目を浴び、さらに昨年は『イノセント・デイズ』で日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門を受賞、最新作『95』も注目される早見和真さん。高校時代は名門野球部で練習に励んでいた少年が、なぜ作家を志すことになったのか、またそのデビューの意外な経緯とは? ご自身の本棚の"一軍"に並んでいる愛読とは? 波瀾万丈の来し方と読書が交錯します。

西村京太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kokutetsu_chiba@noruzo_tetsudo 鉄道ファンって、そういう矛盾点が許せないんですよねー、ついムキになってしまうw私も、西村京太郎サスペンスなどを観ていて、ムキになってしまうシーンがあったなーw
msn0042西村京太郎「つばさ111号の殺人」読了。単なる復讐劇と思われた事件が、殺人ゲームという荒唐無稽な展開になる。中盤がグダグダして、同じ内容の文章が何回も出てくるのには、参った。序盤と終盤はスムーズ。
qma_lsjnat_bot西村京太郎の小説、刊行順⇒寝台特急殺人事件→終着駅殺人事件→夜行列車殺人事件→東北新幹線殺人事件→(東京?)→寝台特急「銀河」殺人事件→十津川警部の挑戦→青函特急殺人ルート 東京が付く選択肢があるようです。信州夜行列車に乗って東北→東京、その後、銀河で十津川警部は青函トンネルへ
copen426最近よく読む西村京太郎の小説は、テンポがよい。 殺人事件発生→被害者の人間関係ピックアップ→容疑者絞りこみ→アリバイ調査→第二の殺人事件発生→第二の容疑者浮上→アリバイ崩し失敗→捜査の見直し…あの、まだ、30ページしか読んでないんですが…
B101R6JJCQPL6uH今週読んだ本:西村京太郎の生死を運ぶ転車台
Akai_komatunaちなみに、西村京太郎さんとはお話したことがあります(≧▽≦)/ #独り言 #湯河原#西村京太郎記念館
monta8301600の検査に間に合うまるで西村京太郎サスペンスw
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
西村京太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)