トップページ > 作家名一覧 > のから始まる作家名一覧 > 野中ともそ

野中ともそ

野中ともそさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

野中 ともそ(のなか ともそ、生年不詳2月11日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、エッセイスト、イラストレーター。
東京都生まれ。明治大学文学部文学科演劇学卒。音楽雑誌編集、音楽ライター、ファッション誌編集者等を経て、1998年、『パンの鳴る海、緋の舞う空』で小説すばる新人賞を受賞。1992年よりニューヨークに在住。
小説作品に加え、児童文学、自身のイラストによる絵ものがたりやイラストエッセイ集など、多分野にわたる創作活動を続けている。
東京都生まれ。
明治大学文学部・文学科・演劇学専攻卒。大学時代は音楽サークルに所属し、バンド活動に明けくれる。
卒業後は音楽出版社に入社し、主にキーボード雑誌編集に携わる。後、フリーランスの音楽ライターとして活躍、数多くの音楽雑誌に寄稿する。ちなみにペンネームの「ともそ」は、出版社勤務時代にふざけてつけられたあだ名を、そのまま使用したものである。
取材した主なアーティストは、ブエナビスタ・ソシアル・クラブ、ランディ・ニューマン、JAPAN、オノ・ヨーコ、B'z、RCサクセション、久保田利伸、プリンセス・プリンセス、渡辺美里、BUCK-TICK、矢野顕子、ムーンライダーズなど多岐に渡る。
1992年、当時ミュージシャンの取材でたびたび訪れていたのがきっかけで、ニューヨークに移住。理由としては、「帰国を気にせずにライブを観たかったから」と語っている。
1994年、ニューヨークの水彩画スケッチをもとにしたイラストエッセイ集『ニューヨーク街角スケッチ』を出版。つづいて、ニューヨークのアンティークやカリブ海の島々を題材にしたイラストエッセイ集を出版。
1998年、『カリブ海おひるねスケッチ』の取材で訪れたトリニダード・トバゴとニューヨークを舞台にした長編恋愛小説、『パンの鳴る海、緋の舞う空』で第11回小説すばる新人賞を受賞し、小説家デビュー。
第2作となる『フラグラーの海上鉄道』は、旅行先のキー・ウエストとブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの取材のために訪れたキューバがきっかけとなり、執筆された作品である。
『カチューシャ』『チェリー』がそれぞれ、小学館児童出版文化賞、坪田譲治文学賞候補となる。
2020年秋、『宇宙でいちばんあかるい屋根』が藤井道人監督、清原果耶主演で映画化予定。
過去、ニューヨークと石川県で自身の水彩画による作品展をおこなうほか、現在はニューヨークで時折、詩の朗読会や講演会に参加している。

受賞歴

野中ともそ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2010.1.1 きらら熱烈インタビュー 第54回  野中ともそさん

    「実家の廊下の片隅にある穴に入ったら、前に住んでいた場所へ繋がる」という奇妙な夢をよく見ていました。 本誌で連載した小説「ジョーハツ野郎とぴしゃんちゃん」をこのほど「ぴしゃんちゃん」というタイトルで上梓したばかりの野中ともそさん。自ら描いたイラストも掲載され、とても素晴らしい仕上がりの作品となっている。

  • 2007.7.31 『おどりば金魚』野中ともそ スペシャルインタビュー

    『おどりば金魚』。不思議なタイトルである。あらためて「おどりば」を広辞苑で引いてみると、階段の中途の踏板を広くして足休めとした場所、とあった。足休めの場所なのに「おどりば」とは妙だが、考えてみれば私たちは、悩んで小休止したときほど心をバタバタさせているのかもしれない。

  • 2005.10.28 作家の読書道:第48回 野中ともそ

    ニューヨークに住み、イラストレーターとしても活躍するなか、小説家としてデビューした野中さん。カリブを舞台にしたものから日本の少女の物語まで、多彩な作品を発表している彼女。新刊ではNYのダウンタウンの魅力をあますことなく描いている。そのお話はもちろん、中高生時代の将来の夢や、渡米したきっかけを交えつつ、読書道を語ってもらいました。

野中ともそ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kotobanotakara自分の愛する者に自分が必要ないと認めてしまった時点で、タイムアウト。(宇宙でいちばんあかるい屋根 / 野中ともそ)
KouOoba『宇宙でいちばんあかるい屋根』日本版予告編。野中ともそ原作、清原果耶・桃井かおり共演、藤井道人監督作。予告だけど一分。https://t.co/jcNb7tGDVH
wlb922『チェリー』野中ともそ/学校生活に馴染めずにいた少年ショウタは、アメリカでモリーという名の不思議な女性と出会う。当初、ショウタは彼女の奇妙な行動に戸惑うが、いつしか二人の間には絆と愛情が芽生えていった。ささやかだけれど、光に満ちた日々はやがて「永遠」になっていく
cinepre野中ともそ原作、藤井道人監督、清原果耶、桃井かおり、伊藤健太郎、水野美紀、山中崇、醍醐虎汰朗、坂井真紀、吉岡秀隆共演「宇宙でいちばんあかるい屋根」の予告編が公開されたようだ。 https://t.co/SS5mFwStZ8 (映画… https://t.co/QJfWn9WGcH
ranranentame清原果耶・主演 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』2種類のポスタービジュアル解禁 - 清原果耶・主演 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』野中ともそ原作の大人気小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」が主演... https://t.co/xdSZ6eynHB
aoinorin今日やっとメンディングテープと本を買うことができました。本は野中ともそ『宇宙でいちばんあかるい屋根』の文庫。まあ、単行本は持ってるんですけど。#野中ともそ #宇宙でいちばんあかるい屋根 #映画化
gokigenrunrun清原果耶 映画初主演!野中ともそ原作×藤井道人監督(『新聞記者』)最新作。2020年秋 全国ロードショー https://t.co/a3xXq91qQj #宇宙でいちばんあかるい屋根#伊藤健太郎
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
野中ともそさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)