トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 深緑野分

深緑野分

深緑野分さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

深緑 野分(ふかみどり のわき、1983年 - )は、日本の小説家、推理作家。
神奈川県厚木市生まれ。日本推理作家協会会員。
2010年、短編「オーブランの少女」で東京創元社主催の第7回ミステリーズ!新人賞(選考委員:桜庭一樹、辻真先、貫井徳郎)で佳作に入選し、作家デビュー(明神しじま「商人の空誓文」が同時入選。受賞は、美輪和音「強欲な羊」)。
2013年、同社より、短編集『オーブランの少女』が刊行され、単行本デビュー。同年、2013年度 AXNミステリー 闘うベストテン第6位に、『オーブランの少女』がランクインした。2014年、闘うベストテン場外乱闘篇 ROUND2 国内篇第9位に、同作がランクインした。
2016年、『戦場のコックたち』で第154回直木三十五賞候補直木15、第18回大藪春彦賞候補ふる、2016年本屋大賞第7位屋過。
2017年、第66回神奈川文化賞未来賞(奨励賞)。
2019年、『ベルリンは晴れているか』で第160回直木三十五賞候補直木18、第21回大藪春彦賞候補大藪18、2019年本屋大賞第3位本屋19、第9回Twitter文学賞国内編第1位に輝く。

深緑野分新刊

  • 発売日
    2019年8月9日
  • 書名
    戦場のコックたち (創元推理文庫)

受賞歴

深緑野分関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

深緑野分関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mformulaQ.詩は小説になるか? A.なる、余裕で。──ジェイソン・レナルズ『エレベーター』レビュー〔深緑野分(小説家)〕|Hayakawa Books & Magazines(β) @Hayakawashobo|note(ノート)… https://t.co/VNCeOrdjOr
tokage_otoko2深緑野分『戦場のコックたち』を読んだ。いやー面白く、そして容赦がない。西部戦線に送られたアメリカ人新兵が、軍属のコックとして働きながら見た戦場についての話。一切の容赦なく戦友が死んでいくし、また少しずつ荒んでいくものや壊れる者が出ていく有様を書いている。
hw_ttaggg【エレベーター/ジェイソン・レナルズ】深緑野分さんの推薦文に誘われて。ページを開いてしまったら一気読み。兄を殺された少年が拳銃を手にし、殺した犯人に対する復讐へ向かう、8階の部屋から地上階までの… → https://t.co/V6Io80d5Xn #bookmeter
starry10twinkle襟元から覗く鎖骨を盗み見ながら、店主はジェノバソースのパスタを食べた。周りの客は口々「オーブランの少女」 深緑野分
yanvalou深緑野分『戦場のコックたち』を聴いている。戦争ものとしてはやたら斬新。個人的には『ジャーヘッド』以来の衝撃、という感じ。実際に戦争を経験してしまったら書けないであろう種類の小説。
fictionaholic【読了】『オーブランの少女 (創元推理文庫)』深緑 野分 ☆5 https://t.co/FpSnAS5jsn #booklog
whiteswansong@Session_22 深緑野分の『ベルリンは晴れているか』と、リチャード=ベッセルの『ナチスの戦争 1918-1949』を一緒に読んでいるのだけれど、おかげで小説はとてもおもしろく、背景の歴史がわかりやすい。(1)#ss954
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
深緑野分さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)