トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 深緑野分

深緑野分

深緑野分さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

深緑 野分|ふかみどり のわき|1983年10月 - は、日本の小説家、推理作家。
神奈川県厚木市生まれ。日本推理作家協会会員。
2010年、短編「オーブランの少女」で東京創元社主催の第7回ミステリーズ!新人賞(選考委員:桜庭一樹、辻真先、貫井徳郎)で佳作に入選し、作家デビュー(明神しじま「商人の空誓文」が同時入選。受賞は、美輪和音「強欲な羊」)。
2013年、同社より、短編集『オーブランの少女』が刊行され、単行本デビュー。同年、2013年度 AXNミステリー 闘うベストテン第6位に、『オーブランの少女』がランクインした。2014年、闘うベストテン場外乱闘篇 ROUND2 国内篇第9位に、同作がランクインした。
2016年、『戦場のコックたち』で第154回直木三十五賞候補直木15、第18回大藪春彦賞候補ふる、2016年本屋大賞第7位屋過。
2017年、第66回神奈川文化賞未来賞(奨励賞)。
2019年、『ベルリンは晴れているか』で第160回直木三十五賞候補直木18、第21回大藪春彦賞候補大藪18、2019年本屋大賞第3位本屋19、第9回Twitter文学賞国内編第1位に輝く。

受賞歴

深緑野分関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

深緑野分関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gott_dorn#読了オーブランの少女 / 深緑野分少女をテーマにした短編集。ヴィクトリア朝ロンドン、昭和の日本、北欧風の漁村など、様々な世界での少女たちの強かさ、残酷さ、弱さ、健気さを描く。どれも粒揃いだけど、氷の皇国が特に良かった。… https://t.co/NQaDGGwdgn
Kdinthunder #この本を盗むものは (深緑野分)読了。こんな話だと思わなかった(褒め言葉)!物語の力、物語の魅力を感じさせてくれるお話でした。楽しいしワクワクできるし最高。すっごくいい作画でアニメにしてくれないかな〜
sputnik42667975そういえば、今更ながら『猫も杓子も』の深緑野分さん回を観た。猫との接し方が自分とほぼ同じだなと思ったのと、ちょいちょい新刊を露出させているところが人間味があって良かった。
noma320life061.この本を盗む者は [ 深緑野分 ]https://t.co/vZqclzNcJ3舞台装置を作るのが上手い。パタパタパタ、と四方から組み立てていったような。こういう設定でうまく機能するのは、やっぱり「本」なんだよな… https://t.co/FdXyqbpSb8
gohan_bo_n_to最後の仕上げは粉末卵のスクランブル・エッグだ。アルミ袋の封を切って中身を全部巨大ボウルにあけ、水を加えてへらで混ぜる。たちまち異様な、間違いなく卵のそれではない臭いが鼻を刺激する。(『戦場のコックたち』深緑野分)
nozomi4685深緑野分『オーブランの少女』読了しました。まさか真実はそんな方向に行くなんて…と驚きました。収録されている「片想い」「氷の皇国」が特に好きでした。「仮面」は醜い顔そのものを指しているのかな?と思ったり、想像が膨らみました。他の… https://t.co/sp4dtzV1sB
galleryDAZZLE[装画の仕事]2021.4.13-23宮崎ひかり「この本を盗む者は」著者:深緑野分版元:KADOKAWA編集:榊原大祐装幀:鈴木成一#illustration #illustrator #gallerydazzle… https://t.co/rcNCkaacCv
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    深緑野分さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)