トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木本雅彦

木本雅彦

木本雅彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木本 雅彦(きもと まさひこ、1972年 - )はUNIX/インターネットのエンジニア,小説家,ライトノベル作家である。WIDEプロジェクトにも参加している。東京工業大学大学院博士課程満期退学後、博士号(理学)取得(2004年)。発表する作品は、エンジニアとしての知識を活かした、情報技術を中心に据えた作風が特徴である。
2006年に、第8回エンターブレインえんため大賞小説部門で『声で魅せてよベイビー』が佳作を受賞し、同作品でデビューした。
2010年に、初の一般文芸作品となる『星の舞台からみてる』を刊行した。
月刊技術雑誌ASCII.technologiesにて、『株式会社・初台アーバンギルド』を連載していた。
ニコニコ動画にVOCALOIDを用いたオリジナル楽曲を発表するなどの活動も行う。
2010年1月にAmazon Kindle用電子書籍である『鋼の記憶を抱いて』を出版する
(本人の主張によれば、現役作家による日本語のオリジナル小説では世界初とのこと)。すべての日本語文字を画像に変換して書き込むことで、日本語文字に対応していないKindleでも日本語文字を表示させた。
2011年5月に第1子となる長男が誕生し、長男がダウン症であることをブログにて告白した。
2013年に、第2回キネティックノベル大賞ノベル&シナリオ部門で佳作を受賞(受賞作タイトルは「ヒカル・カイメン」)。
2014年には、アスキー・メディアワークスより、「はじめてUNIXで仕事をする人がよむ本」を出版。著者はじめての技術書となる。

受賞歴

木本雅彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

木本雅彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

masahiko_kimotoアレクサ、木本雅彦の世界を敵に回す元気もない、を再生してって言ってみて#Alexa #narasu #さとうささら
okobachim「星の舞台からみてる」(木本雅彦)読んだ!ジャンルはシステムエンジニアSFとのこと。現実寄りのサイバーパンクかも。コンピューターやネットワークにそれなりの予備知識がないと難しいかもしれないが、究極的にはコミュニケーションが大事だね、的な話かもしれない。いい話です。
vo_s_bot【キネノベ大賞6:ボーカル曲/テーマ1】彼方で出会ったバイナリ・スター【ついなちゃんAI】 | 木本雅彦 https://t.co/xGqIQICKcM #sm40854478 #SynthesizerV #ついなちゃん
fore_vill『マシンナリィ・ダイアローグ』木本雅彦さん宗教団体配布冊子の一節から始まるAIのべりすと小説。AI小説らしく『筋』がないわけだが、著者の調整力が凄い。ちゃんと長文小説になっており、SF的な思いもよらない発想で展開する。物語はどこに行き着くのか。著者すら判らない続刊が楽しみだ。
tanpen_arasuji木本雅彦「メロンを掘る熊は宇宙で生きろ」鉱山小惑星U80に漂着した宇宙飛行士リーンは熊の姿に改造されて採掘作業に従事させられる。U80で産出するケイ素化合物は医療用マイクロマシンと似た働きをするが、その効果には欠陥があった。それ… https://t.co/YogUy31cK7
chiisanahato『くあっどぴゅあ』木本雅彦読みました!ロボット競技「サイドキック」で挫折をした勇が、訳あり少女・静華と共に集めた仲間で再起&勝利を目指す青春もの!何者にもなれない現実に苦しむ勇。大会で起きたハプニング、幼き日にロボットに願っ… https://t.co/MnWOCAfZgb
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    木本雅彦さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)