トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小松左京・谷甲州

小松左京・谷甲州

小松左京・谷甲州さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

受賞歴

小松左京・谷甲州関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小松左京・谷甲州関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_gasyadokuro小松左京の日本沈没はこんなに面白かったのか。もっとはやく読んどけばよかったよ
mito_qbot【似た文学作品】『吾輩は猫である』夏目漱石『贋作吾輩は猫である』内田百閒『吾輩は猫である殺人事件』奥泉光『月と6ペンス』サマセット・モーム『月と10セント』北杜夫『東海道中膝栗毛』十返舎一九『西洋道中膝栗毛』仮名垣魯… https://t.co/XIM9DKTETP
kurotuki_2小松左京- エスパイ、日本沈没筒井康隆- 霊長類南へ広瀬正 - ツィス https://t.co/jjhz3TwFWn
mR9cLm4lkvhkece@tsuda 日本沈没は小松左京の天変地異を科学的に予測したSFですが、これはもう、日本崩壊。#日本崩壊
ytaka08985不正統計で国民騙し何故こんな無責任な国家にしてしまったのか。安倍はもういらない日本国の安定と国民のパワーを纏められるのは何処の政党か、小松左京の日本沈没が近い。 https://t.co/VR3CdDXWep
MyMMN16【日本沈没】小松左京のSF小説。タイトル通り、日本の物理的な沈没とそれに直面した人々を描く。似たようなタイトルの作品として筒井康隆の「日本以外全部沈没」がある。タイトル通り、日本以外すべて沈没した世界が描かれている。どちらも名作である。
tatsurokashi五島勉『ノストラダムスの大予言』と小松左京『日本沈没』が高度成長期の余波の1973年、浅田彰『構造と力』が83年、丸谷才一『忠臣蔵とは何か』が84年でバブルの前段階、本の売上は景気に左右されるんじゃよ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)