トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森岡浩之

森岡浩之

森岡浩之さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森岡 浩之(もりおか ひろゆき、1962年3月2日 - )は日本の小説家。主にSFを著す。兵庫県生まれ。六甲中学校・高等学校を経て京都府立大学文学部卒。
サラリーマン生活を経て1992年『夢の樹が接げたなら』でデビュー。1996年に『星界の紋章』を発表。同作で1997年に星雲賞を受賞。続編および外伝に『星界の戦旗』『星界の断章』がある。また、映画『立喰師列伝』に出演している。
2011年に心筋梗塞で倒れて療養生活を送っていたが、2013年に『星界の戦旗』第5巻を発表して活動を再開した。2014年から2015年にかけて、日本SF作家クラブ事務局長を務めた。
初期の作品はいわゆるハードSFが多く、最近は『星界』シリーズに代表されるハードSFにライトノベル的な要素を盛り込んだ作品も多い。特筆すべきは言語に対する強いこだわりである。
大学時代は国語学を専攻していて、卒業論文は「つつあるの文法・日本語アスペクトの幾何学的解釈の序論」である。
プロデビュー作となった『夢の樹が接げたなら』では名詞しか存在しない人工言語を、『ズーク』では普通名詞が1つしかない言語を扱い、『星界』シリーズで体系的な人工言語アーヴ語を作り上げた。

森岡浩之新刊

  • 発売日
    2018年9月5日
  • 書名
    星界の戦旗VI 帝国の雷鳴 (ハヤカワ文庫JA)

受賞歴

森岡浩之関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森岡浩之関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hira66434538帰宅しました。足をかばいながら秋葉原に向かって、「星界の戦旗VI」のサイン会へ。初めて森岡浩之さんにお目にかかった。サインと希望者はツーショット撮影OKでした。うれしい写真。サインは読めないけど。うれしいですね。参加者は40… https://t.co/ffcQWVfoEt
kikubon_jp【第28回星雲賞受賞】アニメ化もされた森岡浩之先生の大人気星界の紋章シリーズ!宇宙を股にかけた少年ジントの冒険行を、SFマインドあふれる設定と、息もつがせぬストーリーで描いた気鋭のスペース・オペラ超大作!必聴です☆… https://t.co/KpStzXvFy7
QMA_LN_bot【並べ替え】次の森岡浩之のSF小説「星界の紋章」シリーズに登場する、アーヴによる人類帝国の都は?→ラクファカール |・x・)<「紋章」の部分が分岐ありのタイピングで出題。分岐したら「せんき(戦旗)」
rok森岡浩之さんの「星界の戦旗VI」、Kindle 版を購入したのだけれど、これ、表紙イラストどうなってるの?kindlr(アプリ) の本一覧画面ではサムネイル的に表紙が見られるんだけど、本を開くと一瞬表紙イラストが表示された後、文庫… https://t.co/pwsok62IDQ
hondarakenarita人気文庫の新作が入荷しました。あやかし蔵の管理人/朝比奈和、獣医さんのお仕事in異世界⑦蒼空チョコ、星界の戦旗Ⅵ/森岡浩之、あやかし夫婦は眷族たちに愛を歌う。/友麻碧、等々、新刊コーナーへ。 https://t.co/iG7ZdfTZWJ
bookshopranking(9/16) 電子書籍 小説・文芸ランキング21位:森岡浩之【著】『星界の戦旗IV ―軋む時空― ハヤカワ文庫JA』https://t.co/NiXmILjnKj
laforzadeldestMちなみにタイトルは「星界の戦旗VI」(森岡浩之著、早川書房)。もともとは「星界の紋章」の続編としてスタートしたもので、私は中学生時代からずっと続刊を楽しみにしてます。かつてWOWOWでアニメ化もされてて、これがまたいい雰囲気出してるんだよなぁ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森岡浩之さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)