トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 飛浩隆

飛浩隆

飛浩隆さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

飛 浩隆(とび ひろたか、1960年 - )は、島根県出身のSF作家。島根県立松江南高等学校、島根大学卒業。日本SF作家クラブ会員。
1981年、大学在学中に「ポリフォニック・イリュージョン」で三省堂SFストーリーコンテスト入選。
1982年、『SFマガジン』誌上でデビュー作「ポリフォニック・イリュージョン」を発表。以降『SFマガジン』誌上で中短編10作品を発表する。
1992年の「デュオ」を最後に2002年まで作品の発表が途絶える。
2000年から2002年にかけて、既発表の全作品をまとめた『神魂別冊 飛浩隆作品集』(全3巻)がファンにより出版される(私家版)。2002年9月、〈廃園の天使〉シリーズ第1作の『グラン・ヴァカンス 廃園の天使I』がハヤカワSFシリーズ Jコレクションから刊行。
2005年7月、「象られた力」で第36回星雲賞日本短編部門を受賞。同年12月、中篇集『象られた力』で第26回日本SF大賞を受賞。
2007年9月、『ラギッド・ガール 廃園の天使II』で第6回センス・オブ・ジェンダー賞を受賞。
2010年8月、「自生の夢」で第41回星雲賞日本短編部門を受賞。2015年8月、「海の指」で第46回星雲賞日本短篇部門を受賞。2016年度から日本SF大賞選考委員となる。
2018年4月には、『自生の夢』で第38回日本SF大賞の受賞を果たした。日本SF大賞は2度目の受賞となった。

飛浩隆新刊

  • 発売日
    2018年10月18日
  • 書名
    零號琴

受賞歴

飛浩隆関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

飛浩隆関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_minamii_初めて飛浩隆読んでるんだけど、すごい。言葉の波に溺れそう。すごい。
tsugihoriyukimi①飛浩隆『自生の夢』「海の指」の奇想と幻想的想像力に吹っ飛ばされたことは今なお鮮烈に覚えている。また、初読時にピンとこなかった「自生の夢」連作における言語SFとしての目論見に気付いたときの衝撃が忘れ難い。(あと、結果的に小説の催… https://t.co/w3hXfoz1rF
tamaki_iro⑩同人作家さんは読ませていただいてる皆様だいすきですいつも燃料ありがとうございます〜!同人小説ホント栄養。好きな作家はBLなら尾上与一先生、文章が綺麗で夏の終わりの空のような読後感。SFだと飛浩隆さんがわれわれとは見えてる世界が違… https://t.co/Ce52zwcdHD
moyomoto3「自律し持続するゲーム世界」といえば飛浩隆のSF小説『グラン・ヴァカンス―廃園の天使』がそんな感じだったなあ。ベイリーの『光のロボット』にも何十年とサッカーの試合をし続けるロボットたちのエピソードがあった。あと、ジョナサン・ノーラン版『ウエストワールド』なんかもまさにそんな世界。
motoken1989巻末の飛浩隆氏「流下の日」を読み終わった後に「やおよろず神様承ります」を思い出すと、この本最初と最後が奇しくもディストピア化した日本を描いたSFでないか、最初は現代で最後が近未来で、などと思いました。いや「やおよろず~」をディストピアSFだと思う人は皆無かもですが。
ohmysatoh「人間が楽しむために作られたテーマパークで暮らすフレンズが、勝手に楽しく生きている」「もうそこに人間が訪れることはない」これ好きな人、みんな飛浩隆さんの『グランヴァカンス』読んだ方がいいよ…。 #佐藤けもフレ視聴中
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
飛浩隆さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)