トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 飛浩隆

飛浩隆

飛浩隆さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

飛 浩隆(とび ひろたか、1960年 - )は、島根県出身のSF作家。島根県立松江南高等学校、島根大学卒業。日本SF作家クラブ会員。
1981年、大学在学中に「ポリフォニック・イリュージョン」で三省堂SFストーリーコンテスト入選。早川書房のサイトを含め各サイトにおいて「異本:猿の手」が入選作・デビュー作とされているが間違い。
1982年、『SFマガジン』誌上でデビュー作「ポリフォニック・イリュージョン」を発表。
以降『SFマガジン』誌上で中短編10作品を発表する。
1992年の「デュオ」を最後に2002年まで作品の発表が途絶える。
2000年~2002年にかけ、既発表の全作品をまとめた『神魂別冊 飛浩隆作品集』(全3巻)がファンにより出版される(私家版)。
2002年9月、〈廃園の天使〉シリーズ第1作の『グラン・ヴァカンス 廃園の天使I』がハヤカワSFシリーズ Jコレクションから刊行。
2005年7月、「象られた力」で第36回星雲賞日本短編部門を受賞。
同年12月、中篇集『象られた力』で第26回日本SF大賞を受賞。
2007年9月、『ラギッド・ガール 廃園の天使II』で第6回センス・オブ・ジェンダー賞を受賞。
2010年8月、「自生の夢」で第41回星雲賞日本短編部門を受賞。
2015年8月、「海の指」で第46回星雲賞日本短篇部門を受賞。
2016年度から日本SF大賞選考委員。
2018年4月、『自生の夢』で第38回日本SF大賞を受賞。

飛浩隆新刊

  • 発売日
    2018年5月28日
  • 書名
    ポリフォニック・イリュージョン

受賞歴

飛浩隆関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.6.11 【今週はこれを読め! SF編】ヒロタカ レア・トラックス!

    これは嬉しい一冊! 飛浩隆といえば、日本SF大賞を二度受賞した唯一の作家(2018年現在)であり、それどころか出した本すべてが同賞候補になった凄玉。だが、いかんせん寡作であり、ぼくと同年代のファンのなかには「飛さんの次の本が出るまでは死ねない!」とさまざまな健康法を試みている者までいる。

  • 2018.3.13 【今週はこれを読め! SF編】現代中国SFの洗練度の高さに瞠目

    ケン・リュウは現代アメリカSFにあって、洗練された抒情性と巧みなストーリーテリングによって多大な人気を集める作家だが、中国SFの紹介者としても旺盛な活躍をつづけている。本書はそのひとつの成果だ。現代中国SFの最前線にいる七人の作家の小説十三篇・エッセイ三篇を、ケン・リュウが選び、英訳したアンソロジーInvisible Planets: Contemporary Chinese Science Fiction in Translation。それを日本語訳したのが、この『折りたたみ北京』だ。

  • 2018.2.25 日本SF大賞:小川哲さんと飛浩隆さんの作品に

    第38回日本SF大賞(日本SF作家クラブ主催)が25日、小川哲さんの「ゲームの王国」(早川書房)と飛浩隆さんの「自生の夢」(河出書房新社)の2作品に決まった。

飛浩隆関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

MARUZENNAGOYA【6F文芸書売場】河出書房新社・飛浩隆さん『自生の夢』73人を言葉の力で死に追いやった稀代の殺人者が、怪物〈忌字禍〉を滅ぼすために、いま召還される。近未来ネット社会の大災厄を描いた表題作など読切短編7編を収録。貴重なサイン本が入荷… https://t.co/2E4AVLYt6A
end_kikaSF創作講座後の懇親会で、皆さん元気になられたようで嬉しい。尻込みしている方も出席してみては?・ 大森先生とゲストの先生、編集者が降臨することがある(飛浩隆先生、円城塔先生にお話を伺えた思い出は宝物)・飲み会といえどもジュ… https://t.co/HUZnAl7Y2y
bgm_team@cottonoodIe 8月18日に都内にて下記の読書イベントを開催しますので、ご検討いただければ幸いです。【
kitayooo六本木ヒルズの蜘蛛、今さらかもしれないが、飛浩隆『グラン・ヴァカンス』の蜘蛛のよう。—蜘蛛は 、十本の高い脚で立っていた 。あるいはこうも言える 、脚だけでできていたと 。細く高い十本の脚が集まり起ちあがって 、てっぺんでひと… https://t.co/tnu9HCy1eY
Sciencia93廃園の天使Ⅱ ラギッド・ガール 飛浩隆 早川書房
saigo1bun_botジュールは海に背を向ける。 とがり岩がある。崖がある。その向こうへーーーージュールは、ようやく帰郷した者の面持ちで、海と反対側に歩きだす。「グラン・ヴァカンス 廃園の天使」飛浩隆
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
飛浩隆さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)