トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山田正紀

山田正紀

山田正紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山田 正紀|やまだ まさき|1950年1月16日 - は、日本の小説家。
愛知県名古屋市生まれ。明治大学政治経済学部卒業。日本推理作家協会会員。本格ミステリ作家クラブ会員。日本冒険作家クラブ元会員。
日本SF作家クラブでは第12代会長を務めたが後に退会、2021年に再入会した。
子供時代は漫画家を目指していた。60年代後半、雑誌『話の特集』の編集者をしていたこともある。
大学を1年間休学して、イスラエルのキブツで暮らすなど海外放浪。
帰国して大学卒業後、同人誌『宇宙塵』に投稿し、処女作「終末曲面に骰子を投げ入れて」が掲載、さらに「襲撃のメロディ」が掲載される。
『宇宙塵』の編集人であった柴野拓美に託した、三作目の中編小説「神狩り」が柴野によって『SFマガジン』に手渡されることになり、1974年、中編「神狩り」が『SFマガジン』誌に掲載され作家デビューすることになる。デビュー後、「百科事典の出版社」(表現研究所)に正式入社するが、半年で退職。
『SFマガジン』には、立て続けに「流氷民族」(単行本化時に『氷河民族』に改題)を連載して、大物新人SF作家としての地位を固めた。かんべむさし、堀晃らとともに、星新一、小松左京、筒井康隆らの日本SF第一世代に続く、第二世代と呼ばれる。その後、冒険小説、ミステリなどにも発表ジャンルを広げる。
SFにおいては、骨太なアイデアで構成する難解で本格的な作品(デビュー時から「想像できないことを想像する」ことが信条であると発言している)からエンターテイメントに徹した作品まで幅広い。またロストワールドもの(「魔境物語」など)や、ジョン・W・キャンベルへのオマージュ「物体X」など、古典的な題材を取り上げることも多く、マニアックなファン層にもアピールしている。学生時代に中近東を放浪した経験があり、作品世界にも影響を与えている。
デビュー当初は『神狩り』『弥勒戦争』『神々の埋葬』など神をテーマにした作品が多く、これらは「神シリーズ」と呼ばれる。
SF系の作品では未完のものが多いが、『機械獣ヴァイブ』のように、17年の空白期間を経て完結した作品もある(『機械獣ヴァイブ〈4〉獣転生篇』が1988年6月刊行、改題・増補された『未来獣ヴァイブ』が2005年8月刊行)。
ミステリ界での「新本格」胎動後は、ミステリ作品も数多く発表している。
『イノセンス After The Long Goodbye』で、ノベライズ初挑戦。(原作:押井守監督映画「イノセンス」) 映画の前日譚にあたる近未来ハードボイルド。

受賞歴

山田正紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山田正紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

MasterDs2_3独覚っていうとどうしても山田正紀の「弥勒戦争」思い浮かべてしまうな(笑) https://t.co/W1TKNQ30b8
sf_meimonku集団幻視……UFOは、現代人が苦悶の末、ようやく生みだすことができた新しい神話なのよ / 山田正紀「地球・精神分析記録」https://t.co/hvVqQG9iiK
suiju666麻耶雄嵩とか上遠野って山田正紀ファンクラブやったの…
ZEfcTDI5bXPck5Qチョロい人間だから山田正紀ファンクラブの作家の作品は読みたいんだよな https://t.co/k0J2CTLVQo
shogisapo謎を楽しむ 推理小説日記推理小説読書日記(2022/08)08/10>ここから先は何もない<山田正紀>、清明 隠蔽捜査8<今野敏> 他。https://t.co/pvhoRBPosu
rairen_bot1:日本のSF作家 2:宝石泥棒 3:最後の敵 4:機神兵団 A:山田正紀
FrankBaragon山田正紀著『ここから先は何もない』kindleで読了。『星を継ぐもの』オマージュらしいけど感触はむしろ中二病版幼年期。非常にラノベっぽくてティーンエイジャーに刺さる作品だと思うけどそうゆう売り方をされてないのが残念。流行りの絵師の… https://t.co/hwv03SAlWf
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山田正紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)