トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 白川紺子

白川紺子

白川紺子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

白川 紺子(しらかわ こうこ)は日本の小説家。主に女性向けに執筆している。2月8日生まれ。
三重県出身。同志社大学文学部卒業。「サカナ日和」で、2011年12月に154回「Cobalt短編小説新人賞」(選者:三浦しをん)に入選の後、「嘘つきな五月女王(メイ・クイーン)」で2012年度のロマン大賞を受賞。同作を改題・改稿した『嘘つきなレディ ~五月祭(メイ・デイ)の求婚~』にて、2013年にコバルト文庫よりデビューした。
2016年に入ってから引っ越しをしており、「新たな住まいは富士山がきれいに見えます」とのこと。

白川紺子新刊

  • 発売日
    2018年6月21日
  • 書名
    契約結婚はじめました。 3 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)
  • イラストレーター
    わみず
  • 発売日
    2018年5月18日
  • 書名
    下鴨アンティーク アリスの宝箱 (集英社オレンジ文庫)
  • イラストレーター
    井上 のきあ
  • 発売日
    2018年4月20日
  • 書名
    後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)
  • イラストレーター
    香魚子

受賞歴

白川紺子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

白川紺子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yoshihisa_ing『後宮の烏』 白川紺子 後宮に在りながら夜伽を行うことはなく、ただひとりで宮に控える「烏妃」。彼女に頼めば、叶わない願いはない──そんな噂が囁かれる中、ある夜密かに足を運んだのは、皇帝自身だった。世界観は良かった。思っていたよ… https://t.co/FDGm3XqlqC
gimogoblin手元の本なんとかなーって思ったら有栖川とか綾辻が説明ダッシュ有り白川紺子、東川篤哉は余韻ダッシュ森博嗣小川洋子長野まゆみはダッシュ使用せず一人称はどうしても余韻ダッシュだよなって思いながら見てたけど有栖川って一人称だよな…… https://t.co/GDnQzvqNmD
mintanta_t@RukaOhho 白川紺子さんという方だよー。コバルト文庫嗜んでたときにはまだデビューされてなかったような?でも設定とかキャラクターの関係とか読みやすさとか恋愛要素薄めのコバルト文庫…っていう感じ。今読んでる本は。
yayoyaouri #名刺代わりの小説10選 葉月香『天才遺体修復人M』櫻井千姫『天国までの49日間』白川紺子『契約結婚はじめました』小湊悠貴『ゆきうさぎのお品書き』有川浩『植物図鑑』安東あや『猫と透さん、拾いました』古池ねじ『木崎夫婦… https://t.co/lF0bHFD8PF
dotemikasa「後宮の烏」白川紺子部屋のなかで紛失!?していたのを発掘して読み終わる。短期集中連載のよくできた少女漫画。後は引かない。 https://t.co/A9cao0lisa
Romantica_MY.@s_kouko 『下鴨アンティーク/白川紺子著』京都、アンティーク、旧華族のキーワードに魅かれて購入しました。一番心に残ったのは、回転木馬とレモンパイに収録された「亡き乙女のためのパヴァーヌ」でした。儚い恋だけど彼の慟… https://t.co/AK9nLtgpOo
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
白川紺子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)