トップページ > 公募ではない賞一覧 > 野間文芸新人賞 > 2009年−第31回 野間文芸新人賞

野間文芸新人賞

2009年−第31回 野間文芸新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

野間文芸新人賞(のまぶんげいしんじんしょう)は、講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する純文学の新人に与えられる文学賞である。野間三賞のうちの一つ。
財団法人野間奉公会が1941年に野間文芸賞とともに創設した野間文芸奨励賞が前身。戦後両賞とも一時中断し、1953年に野間文芸賞のみ再開、その後1979年の講談社創立70周年を期に野間文芸奨励賞を改称、野間文芸新人賞として新設された。以降年1回発表されている。
新人作家による小説を対象とする。芥川龍之介賞と違い、文芸誌掲載作だけではなく単行本も対象となる。受賞作は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞牌、副賞として100万円(第12回から、それ以前は50万円)が授与される。受賞作発表および選評は『群像』1月号に掲載される。
初期は村上龍、尾辻克彦など芥川賞受賞経験者に授賞することがあったが、しだいに芥川賞未受賞者のみを候補とする暗黙のルールが成立していった。特に90年代以降は受賞者の約4割が後に芥川賞も受賞するようになっている。第43回にて芥川賞受賞経験者である遠野遥が候補に挙がったが、約30年ぶりのことである。

第31回—2009年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

野間文芸新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.4.25 作家の読書道 第217回:乗代雄介さん

    2015年に「十七八より」で群像新人文学賞を受賞して作家デビュー、2018年に『本物の読書家』で野間文芸新人賞を受賞、今年は「最高の任務」で芥川賞にノミネートされ注目度が高まる乗代雄介さん。たくさんの実在の書物の題名や引用、エピソードが読み込まれる作風から、相当な読書家であるとうかがえる乗代さん、はたしてその読書遍歴は?

  • 2019.12.2 芦田愛菜が5年ぶり実写映画主演、大森立嗣が今村夏子の小説「星の子」映像化

    芦田愛菜主演、大森立嗣監督で今村夏子の小説「星の子」が映画化されることがわかった。

  • 2019.11.7 野間4賞、「文芸賞」は松浦寿輝『人外』に

    野間文化財団が11月6日に発表。第72回「野間文芸賞」に、松浦寿輝『人外』(講談社)、第41回「野間文芸新人賞」に、古谷田奈月『神前酔狂宴』(河出書房新社)と千葉雅也『デッドライン』(「新潮」2019年9月号)、第57回「野間児童文芸賞」に戸森しるこ『ゆかいな床井くん』(講談社)を選出した。

野間文芸新人賞関連つぶやき

yurubngkbot野間文芸新人賞講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する純文学の新人に与えられる文学賞である。野間三賞のうちの一つ。新人作家による小説を対象とする。文芸誌掲載作だけではなく単行本も対象となる。1941年(S16)~現在
ywiSRg8H4NjAXic金子薫『双子は驢馬に跨って』読了。野間新人文芸賞受賞らしい第三作品。メタフィクションと呼んでいいのか、作と作中作の融合がやられるが、文量がそう多くないこともあってあまり広がりが無い。第二作品『鳥打ちも夜更けには』は手堅いフィクションらしい、期待。
raisen_bot_qmaNo.502 次の村上春樹の小説と受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒ねじまき鳥クロニクル―読売文学賞、風の歌を聴け―群像新人文学賞、羊をめぐる冒険―野間文芸新人賞
qma_pr_bot次の村上春樹の小説と受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい(ライ線)ねじまき鳥クロニクル-読売文学賞  羊をめぐる冒険-野間文芸新人賞  風の歌を聴け-群像新人文学賞
SoCoLimeShot主な受賞歴文藝賞(1997年)三島由紀夫賞(2000年)野間文芸新人賞(2003年)大江健三郎賞(2011年)読売文学賞(2015年)谷崎潤一郎賞(2018年)
HkmtVibu「遮光」中村文則彼女を交通事故で失い、虚言や奇行を繰り返す男の話。人格に異常をきたしているようで、感情を抑えられなかったり、冷静なまま暴力的な行為をしたりする。自分の中の奥底のどこかが、そんな行為に共感してそうで怖くなった。… https://t.co/dF20Bo4ZaN
mjumedaart→「この小説の言葉の描写力によって浮かび上がる世界観と映像は今でも強く印象に残っています。刊行されてから42年経っている作品とは…!」1980年に発売され、1981年の第3回野間文芸新人賞を受賞した、今も読み継がれる作品です◎… https://t.co/PT96W1VV5e
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)