トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田知子 > お供え

お供え(吉田知子)

お供え(著者:吉田知子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:お供え
  • 著者:吉田 知子
  • ページ数:215
  • 出版社:福武書店
  • ISBN-10:4828824529
  • ISBN-13:9784828824529

お供え関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉田知子のその他受賞歴(候補含む)

お供え関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yodorufu「葬列」、「アンソロジー」ってワードで無理やり繋げてみるが、明日観に行く予定の『ミッドサマー』予告にある「列を成した人々の間を行く」葬列のような映像で真っ先に連想したのが、小川洋子編のアンソロジー『小川洋子の偏愛短篇箱』で初めて読… https://t.co/o9q1dgoEFH
mikoma_nfp吉田知子×モブサイコ100ホラーアンソロジー「調味市七物語」試し読みへのリンクが1つ抜けてました…「白線あるき」 https://t.co/pNzcHpnvfM出会って間もないころの師匠とモブくんが消えたネコチャンたちを探し… https://t.co/OVxwGoO1sd
brasmjp何を読んでも面白くなくて頭に入ってこないときには、吉田知子「お供え」という短篇集を読むことにしてるのは、これ読むと言葉がじんわりと身体にしみ込んできて回復するから。昨夜久しぶりに読んだので、今日は頭が突飛なこと考えない。
szgmt【2月6日生まれの静岡ゆかりの人】吉田知子。1934年生。浜松市生まれの作家。浜松市の高校教諭を経て文壇デビュー。『無明長夜』で芥川賞、『お供え』で川端康成文学賞、『箱の夫』で泉鏡花文学賞受賞。 https://t.co/NLlTbRss4L
shigekujira宮部みゆき『布団部屋』江戸時代の、ある商家の秘密と姉妹の強い絆を描いた作品。上手くまとまった、怪談という言葉がしっくりくる一篇。というわけで、この本でぼくがベストだと思ったのは、ダントツで吉田知子『お供え』でした。次点で… https://t.co/rZJuNaowc5
rankingko最安値の「お供え /講談社/吉田知子」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は935円です。https://t.co/1nWHRHl0D7
mikan_no_haha#ハードボイルド読書探偵局総選挙第4回を推します!平屋の方はぜひ、庭で草むしりしながらきいてください。第4回 吉田知子「お供え」平成怪奇小説傑作集|謎解き!ハードボイルド読書探偵局 @kusatu9 #note https://t.co/KUNyhPbUZy
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)