トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 服部まゆみ > この闇と光

この闇と光(服部まゆみ)

この闇と光(著者:服部まゆみ)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:この闇と光 (角川書店新本格ミステリー書き下ろし)
  • 著者:服部 まゆみ
  • ページ数:260
  • 出版社:角川書店
  • ISBN-10:4048731378
  • ISBN-13:9784048731379

服部まゆみ新刊

  • 発売日
    2018年8月4日
  • 書名
    罪深き緑の夏 (河出文庫)

この闇と光関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

この闇と光関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

in_the_vanilla父はよく私を「光の娘」と呼んだ。輝くように美しいと。「美しい」とは「綺麗」ということだ。「花のように綺麗だ」とも言う。 (この闇と光/服部まゆみ)
daruma_san_dayo私が唯一ネタバレというか事前知識なしに読んで良かった作品は服部まゆみさんの『この闇と光』ていう小説だけど。あれはネタバレOKな人でも初見で読まないと面白さというか衝撃は伝わりにくい作品でもあると思う。
0313_black服部まゆみの「この闇と光」は本当に本当に私の性癖ドストライクどちゃすこカーニバルなので性癖似通ってる人は是非読んでほしい https://t.co/t2OUMzkGYK
thesentence_botこの世は理不尽で、この物語も理不尽だ。だから多分、おまえは惹かれるのだろう。それを好むとか嫌うとかではなく、それがある真実に触れているから、理不尽という真実に触れているから、惹かれるのだと思うよ。/この闇と光(服部まゆみ)
HiLars_Hi年末のフライト用に三冊の文庫本を先日購入➡活字禁断症状に耐えきれず今から読む。まずは服部まゆみ氏「この闇と光」。完全にジャケ買いならぬタイトル買いだが、はたして。
anolvegrove服部まゆみさんの「この闇と光」帯に惹かれて手にとって、とんでもない衝撃を受けた小説だった幽閉された盲目の姫が主人公の話すごいオススメなので読んで
milk_and_wine服部まゆみ「この闇と光」、めっちゃ耽美でしかもどんでん返しがすっごいから皆読むべきである…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)