トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 久世光彦 > 一九三四年冬―乱歩

一九三四年冬―乱歩(久世光彦)

一九三四年冬―乱歩(著者:久世光彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:一九三四年冬―乱歩 (新潮文庫)
  • 著者:久世 光彦
  • ページ数:336
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101456216
  • ISBN-13:9784101456218

一九三四年冬―乱歩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

久世光彦のその他受賞歴(候補含む)

一九三四年冬―乱歩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

aquamensis#実在の人物が探偵役をつとめるミステリ辻真先『江戸川乱歩の大推理』とか久世光彦『一九三四年冬―乱歩』は当てはまる…?両作とも乱歩生誕100周年のタイミングで出たような記憶がありますがだいぶん記憶が曖昧。
natuno311#最強のミステリー小説10選中井英夫 虚無への供物土屋隆夫 影の告発山口雅也 奇遇赤江瀑 オイディプスの刃アガサ・クリスティー 終りなき夜に生れつく舞城王太郎 煙か土か食い物京極夏彦 魍魎の匣久世光彦 一九三四年冬-乱歩松浦寿輝 不可能服部まゆみ この闇と光
ehonfbotが、それにしても空也の最中が食べたい。あの固くもなく、柔らかすぎもしない皮がいい。口の端からホロリと落ちるのがいい。こぼれてから床に落ちるまで、目で追えるくらいゆっくりしている。あの軽さと、長閑さともどかしさ、乱歩は常々人の命に似ていると思う。(一九三四年冬―乱歩 久世光彦)
ReboursAkio久世光彦の作品は、エッセイであれ小説であれ、死の香りが立ち籠めている。総てに死は甘く囁きかけ、主人公たちの陰鬱を際立たせる。『一九三四年冬-乱歩』や小島政次郎を材に取った『蕭蕭館日録』『瞼の母』などのパロディは風刺には用いず、む… https://t.co/2Zy2JL2xeF
HenryQuin2米澤屋書店 から読む本を探すシリーズ「一九三四年冬ー乱歩」久世光彦先生のいう通りをことを私も言いたいです。小説家が小説を書く日。見て考えて書いて見て考えて書いて。この構成を読んだら、そうなるように出来ていると思います。「梔子姫」を書いてそうなったのは、
simashima9楢原もかさん(@kiharaneko )はテリー・ビッスンの『ふたりジャネット』と久世光彦の『一九三四年冬 乱歩』 https://t.co/rHgzKF3c3E
34PtgClzqWRP9qa一九三四年冬─乱歩/久世光彦創元推理文庫 #読了乱歩は執筆に行き詰まり麻布のホテルに逃避する。この史実を踏まえ、妖しい淫靡な幻夢世界を紡ぎ出す作中作の「梔子姫」は、乱歩の未発表作といわれても信じてしまいそう。創作者と創作物… https://t.co/cQyk3kkf7w
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)