トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤計劃・円城塔 > 屍者の帝国

屍者の帝国(伊藤計劃・円城塔)

屍者の帝国(著者:伊藤計劃・円城塔)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:屍者の帝国
  • 著者:伊藤 計劃 , 円城 塔
  • ページ数:459
  • 出版社:河出書房新社
  • ISBN-10:4309021263
  • ISBN-13:9784309021263

屍者の帝国関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

屍者の帝国関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Manon_Marguerit「あんたは、生命とはなんだと思う」笑い飛ばされるかと思ったが、振り返ったバーナビーは不思議そうな顔で淡々と告げた。「性交渉によって感染する致死性の病」 『屍者の帝国』伊藤計劃×円城搭
aofuwaFGO好きな人、伊藤計劃の「屍者の帝国」を読んでいただけませんか とても楽しめると思うんです
Torte_nmただ伊藤計劃の作品を文字で見たことがないのでなんとも言えないけれども、このアニメで表現された屍者の帝国を自分の脳内で文字に再構成し、それをもう一度読むことになったら、私は間違いなく吐く。それだけリアルでグロテスクだと思う。特に最初の1時間くらい。泣きながら吐くと思う。
My_bookshelf_「脳自体は痛みを感じる組織を持たない。他の組織の痛みを代わりに感じてやるだけだ。とある美食家を思い出すな。彼は自分の脳を食らいたいのだがとわたしに相談してきたよ。どの順番で脳を食べれば、腕を動かし続けることができ、味を感じていることができるのかとね」(屍者の帝国 伊藤計劃)
Libera_rhythm21電車の中で同じ高校の人が屍者の帝国(伊藤計劃)読んでて自分のなんというかアレが浮き彫りになっている
mfmfbooks[虐殺器官/伊藤計劃] アメリカ情報軍に所属する暗殺を生業とする主人公の罪と罰を巡る物語。IDにより個人が管理、監視され、生体工学が満ちた生活。便利な様で不気味な世界は、今の社会の延長線にあるのかも。ことばと人間の関係性を問う屍者の帝国にも通じる。
six_b2@mctmy339 屍者の帝国読んでおられるのですね…!伊藤計劃についてお話し下さったフォロワーさんは初めてだと思います
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)