トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 古処誠二

古処誠二

古処誠二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古処 誠二(こどころ せいじ、1970年3月10日 - )は、日本の小説家。
1970年、福岡県に生まれる。
高校卒業後、様々な職業を経て、航空自衛隊入隊。
2000年4月、自衛隊内部の事件を扱った『UNKNOWN』で第14回メフィスト賞を受賞、小説家デビュー。「2001 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『少年たちの密室』が第6位。
2001年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2001(JMAI)」において、『少年たちの密室』が国内総合ランキング第1位、『UNKNOWN』が同第7位。「2002 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『未完成』が第4位。
2002年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2002(JMAI)」において、『未完成』が国内総合ランキング第9位。
2003年、『ルール』で、第16回山本周五郎賞候補。
2004年、『接近』で第17回山本周五郎賞候補。
2005年、『七月七日』で第132回直木三十五賞候補。
2006年、『遮断』で第135回直木三十五賞候補。
2008年、『敵影』で第138回直木三十五賞候補。
2010年、『線』をはじめとする一連の執筆活動に対して第3回(池田晶子記念)「わたくし、つまりNobody賞」を授けられる。
2017年、『いくさの底』で第71回毎日出版文化賞(文学・芸術部門)受賞。
2018年、『いくさの底』で第71回日本推理作家協会賞受賞(長編および連作短編集部門)

古処誠二新刊

  • 発売日
    2020年4月21日
  • 書名
    ビルマに見た夢
  • 発売日
    2020年1月23日
  • 書名
    いくさの底 (角川文庫)

受賞歴

古処誠二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

古処誠二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rankingko最安値の「死んでも負けない /双葉社/古処誠二」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は1円です。https://t.co/hbdCYMV1d5
yuka24「日本一の古処誠二コーナー」と以前、古処さんの担当編集者に言われたくらい偏執的に(笑)集めてる七五書店。なかでも『七月七日』はまだ古処誠二を読んだことがない人に一番おすすめだそう。直木賞候補作。太平洋戦争末期の物語で、七夕のシーン… https://t.co/mt1hA4NUzG
hw_ttaggg七月七日と言えば、古処誠二のこれ。とても良い小説です。七月七日 (集英社文庫) #bookmeter https://t.co/9pyBpDwZbS
gojo_k_xxラッセン火山!あの!分かる人いるかな、「ラッセン火山の見える村まで追いかけて」フレーズ。古処誠二の「ルール」。インパクトありすぎて一発で覚えた地名だ。
nezu_hituji古処誠二「ビルマに見た夢」近い将来の戦況への懸念の中、兵站勤務にあたる西隈の人とのやり取りや振る舞いがとても印象的でした。表出している言葉に根差す文化を知り、尊重した上で調整に努める姿勢がとても誠実。この作品だけでなく古処先生の登場人物への描写がとても好きです。→
tatsumi_cover古処誠二「UNKNOWN」(2000)講談社ノベルス https://t.co/TutwqFWXYg
asagihara_sそういえば古処誠二『ビルマに見た夢』について感想書いてませんでしたが、『線』以降「戦地の個人」にフォーカスしてきた古処作品が今回は初期の戦争もののように日本人とビルマ人の対比に焦点を当てていて、古処作品としては戦略的後退のように思えてどう評価したらいいのか判断に困ってる感じです
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
古処誠二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)