トップページ > 作家名一覧 > だから始まる作家名一覧 > 大門剛明

大門剛明

大門剛明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大門 剛明|だいもん たけあき|本名:大谷 剛史、1974年9月25日 - は、日本の小説家・推理作家。三重県伊勢市出身在住。龍谷大学文学部哲学科教育学専攻卒業。
2009年、『雪冤』(『ディオニス死すべし』より改題)で第29回横溝正史ミステリ大賞大賞とテレビ東京賞をダブル受賞し作家デビュー。死刑制度と冤罪をテーマに、現代の司法制度の根幹を問い直すメッセージをはらんだ問題作。
同年『罪火』を刊行。修復的司法という重厚なテーマに巧みなトリックを駆使した社会派ミステリを完成させ、逸材として注目を浴びる。2010年には広島MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島を舞台にした『確信犯』を刊行。強い覚悟のもと、裁判員制度以外にも弁護士増員問題など司法制度に鋭くメスを入れた。9月には『告解者』を刊行。無期囚の更生を巡るストーリーで再犯問題に切りこんでいる。2011年7月には『ボーダー』『共同正犯』を刊行。頭の中で考えるだけでなく実際に殺人を犯した無期懲役囚に取材するなどして重厚な作品を生み出している。

受賞歴

横溝正史ミステリ大賞

第29回2009年

大賞・テレビ東京賞

  • 題名
    雪冤
  • 応募時題名
    ディオニス死すべし

大門剛明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

大門剛明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

s_ken1【宣伝です】「連続ドラマW #両刃の斧」第3話、今夜10時より放送。何卒よろしくお願い致します! 原作は大門剛明さんの同名小説(中公文庫)です。久しぶりにページをめくると、川澄と一緒になって迷宮をさまよい、格闘していた日々がよみが… https://t.co/c5BpEsU5CG
libro_jp亀梨和也主演「正義の天秤 season2」来春放送、天才弁護士・鷹野和也が帰ってくる https://t.co/zAKY5Ak2sj 原作:大門剛明『正義の天秤』角川文庫
hidetugu12ミステリーって、赤川次郎先生の各種長編シリーズと、高田崇史先生のQEDシリーズ、西尾維新先生の戯言シリーズ、柚月裕子先生の佐方貞人シリーズ、大門剛明先生の正義の天秤シリーズあたりが既読なんだけど、人気の長編シリーズで、久しぶり読むならどこら辺から入るといいのだろうか?
kikijyouzu<両刃の斧:大門剛明>う~ん、まぁまぁやな。まぁ、楽しく読めました。 https://t.co/ty0kS7LYB3
brat0528ナイス 【雪冤 (角川文庫)/大門 剛明】冤罪と死刑制度がテーマ。犯人だと思われる人が、次々と変わり、最後まで飽きることなく読み進めました。最後の結末を受け入れることは、とてもとても切ない。 → https://t.co/XLhh1SXUqa #bookmeter
itemon2001@mayuno_yaso こんばんは。私の大好きな推理作家の大門剛明先生のデビュー作『雪冤』。もう泣けてしまってテッシュケースを空にしたのですが、その元ネタとされるのが太宰さんの『走れメロス』。やはり太宰さんの影響力は凄いなあと。冷えますね。お体第一の上で益々のご活躍を。
Lira120210【雪冤/大門 剛明】雪冤……無実の罪をすすぎ晴らすこと。男女2人を殺害し、死刑囚となった息子を救おうとする父親の物語。犯人を名乗る男から電話があり……。 → https://t.co/TCZKcodXY7 #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    大門剛明さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)