トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 恒川光太郎

恒川光太郎

恒川光太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

恒川 光太郎(つねかわ こうたろう、1973年8月18日 - )は、日本の小説家・ホラー作家。
東京都武蔵野市出身。大東文化大学経済学部卒業。
29歳の頃に沖縄県に移住し、塾の先生をしながら書いた「夜市」で第12回(2005年)日本ホラー小説大賞を受賞。選評で高橋克彦に「発想の転換」の才能を持つ人物だと評された。受賞作と書き下ろしの「風の古道」を併録した『夜市』で小説家デビューを果たした。
「風の古道」はネモト摂(木根ヲサムの別名義)により漫画化され、2006年週刊ヤングサンデーに全5話で短期連載された。その後、2007年より同誌にて再び木根ヲサムの手によって連載漫画化、世界観や一部の登場人物を引き継いだ作品として「まつろはぬもの〜鬼の渡る古道〜」と改題し、単行本全6巻が刊行された。漫画版「風の古道」は「まつろはぬもの」単行本第5巻に収録されている。
2014年、『金色機械』で第67回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。
幻想的で精妙な作風を得意としている。

恒川光太郎新刊

  • 発売日
    2018年5月25日
  • 書名
    異神千夜 (角川文庫)

受賞歴

恒川光太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

恒川光太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

SpicaBooks金木犀の香る雨の一日ですね。恒川光太郎の『秋の牢獄』(角川ホラー文庫)もひんやりとした雨の朝で始まる。そしてずっとその朝に戻り続ける「リプレイ」もの。人知を超えた世界に業を背負った人間が迷い込む。静かで美しく怖い、魅力的な恒川光太郎の世界。好きだ。
rikka_0301似た題名の本で、恒川光太郎さんの『夜市』が好き〜
0ky_o恒川光太郎はバイブル
bot_9836「古道の死者は古道のものです。いたずらに自然に逆らわずそのままにしておきなさい。彼には彼の道がある。夜に誘われ、しかるべき深淵へと導かれるでしょう」風の小道/恒川光太郎
miroku678ナイス 【夜市 (角川ホラー文庫)/恒川 光太郎】「カドフェス」の一冊。角川ホラー文庫ですが、ホラーよりファンタジー色が強めかなと思った。普通の暮らしのすぐ側にある異世界の入り口、迷い混んだら中… → https://t.co/dQIE2vFKO6 #bookmeter
_now_prince@tos『ブルーピリオド』『あたりのキッチン!』『Artiste』『惰性67パーセント』『広告会社、男子寮のおかずくん』『まかないくん』三原和人『はじめアルゴリズム』 →漫画恒川光太郎さんの『金色機械』『夜市』『秋の牢獄』『竜… https://t.co/r9bfU2PW9Z
neko_yama@eijano こわ!って感じではないけどなんか不気味で不思議な感じがする恒川光太郎の夜市よかった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
恒川光太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)