トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 恒川光太郎

恒川光太郎

恒川光太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

恒川 光太郎(つねかわ こうたろう、1973年8月18日 - )は、日本の小説家・ホラー作家。
東京都武蔵野市出身。大東文化大学経済学部卒業。
29歳の頃に沖縄県に移住し、塾の講師をしながら書いた「夜市」で第12回(2005年)日本ホラー小説大賞を受賞。選評で高橋克彦に「発想の転換」の才能を持つ人物だと評された。受賞作と書き下ろしの「風の古道」を併録した『夜市』で小説家デビューを果たした。
「風の古道」はネモト摂(木根ヲサムの別名義)により漫画化され、2006年週刊ヤングサンデーに全5話で短期連載された。その後、2007年より同誌にて再び木根ヲサムの手によって連載漫画化、世界観や一部の登場人物を引き継いだ作品として「まつろはぬもの〜鬼の渡る古道〜」と改題し、単行本全6巻が刊行された。漫画版「風の古道」は「まつろはぬもの」単行本第5巻に収録されている。
「夜市」は奈々巻かなこにより漫画化され、『ミステリーボニータ』(秋田書店)2018年7月号から連載された。単行本は2018年11月16日に刊行された。
2014年、『金色機械』で第67回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。
幻想的で精妙な作風を得意としている。

恒川光太郎新刊

  • 発売日
    2020年4月24日
  • 書名
    無貌の神 (角川文庫)

受賞歴

恒川光太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

恒川光太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

oriboshiibuki雷の季節の終わりに 読了面白かったぁ。もう本格的に恒川光太郎さんのファンです。頭の中で、私だけの世界が広がっているように思いますな
EATPANMONKEY2やっぱ恒川光太郎おもしれぇ!『迷走のオルネラ』、悪い奴がいて被害者がいて復讐する、エンタメ的な正義の執行をきちんと語ってるのに疑義も投げかけてる。なにより面白い。すごい
hodumi_0125@matiba_ri 今市子さんの作る幻想ファンタジーの雰囲気が好きです。作家だと恒川光太郎さんとか。ねっとりした感じが好き。
korenan63@j37_f んーーやでも名前ちょくちょく間違えてるよw トーマスベルンハルトだし恒川光太郎な
engekireview@Sai54026343 Saiさん読んで頂いてm(*_ _)m恒川光太郎さんのは……なんとも奇妙でおっかない話でしたね……世にも奇妙な~にありそうな話でした(^^)
hBWDboSwMPHrjQW恒川光太郎さん「夜市」「秋の牢獄」「雷の季節の終わりに」 https://t.co/NOujihpEAj
kanamenome03人外とか神話とかちょっと不気味なの好きな人は恒川光太郎を読めよッ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
恒川光太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)