トップページ > 公募新人賞一覧 > 日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本ホラー小説大賞(にほんホラーしょうせつたいしょう)は、かつて存在した日本の公募新人文学賞。株式会社KADOKAWAと一般財団法人角川文化振興財団が主催していた。

第19回2012年(応募総数:317)

大賞

第18回2011年(応募総数:811)

大賞

  • 該当なし

長編賞

短編賞

第17回2010年(応募総数:823)

大賞

長編賞

短編賞

第16回2009年(応募総数:683)

大賞

長編賞

短編賞

第15回2008年(応募総数:671)

大賞

長編賞

短編賞

短編賞

以前のデータ(全データ一括表示

日本ホラー小説大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.11.25 作家・小林泰三先生ご逝去のお知らせ (2020/11/25)

    2020年11月23日(月)、SF、ホラーからミステリまで幅広く活躍された作家の小林泰三氏(58歳)が大阪府内の病院で逝去されました。

  • 2019.1.16 第160回芥川賞は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R1分34秒』に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定!

    第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は1月16日(水)、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R(いちらうんど)1分34秒』の2作品に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定した。

  • 2018.11.29 ホラー小説大賞2作品、次回から刷新

    日本ホラー小説大賞は、次回から横溝正史ミステリ大賞と統合され、「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」へとリニューアルする。多彩な作品を生みだし、ホラーというジャンルを切りひらいてきたこの賞を締めくくる第25回は、初めて2作が大賞となった。古代エジプトの呪いにまつわる福士俊哉さん(58)の『黒いピラミッド』(KADOKAWA)と、読者賞とのダブル受賞となった秋竹サラダさん(26)の学園ホラー『祭火小夜の後悔』(同)。2作の刊行を機に、年齢も作風も対照的な2人の著者に話を聞いた。

日本ホラー小説大賞関連つぶやき

dCifT3IaSW7hd6w#黒いピラミッド #福士俊哉#読了第25回日本ホラー小説大賞受賞作大学で起きた殺人事件「呪われたアンク」の謎を解くエジプト調査隊に参加した経歴のある著者なので、読み応えがありました。エジプトいつかは行ってみたいな
hSoghwVPVsh4Pg1「初読み作家」シリーズの第1弾は「#澤村伊智」さん「日本ホラー小説大賞」の受賞作だし、当然ホラーなんだけど、かなり推理小説っぽいところもあってなかなか楽しめましたちなみに、読了後の印象としては漫画の「孔雀王」に近いような感… https://t.co/uutGX1renM
brat0528ナイス 【黒い家 (角川ホラー文庫)/貴志 祐介】第4回日本ホラー小説大賞受賞作。幽霊ものではなく、人間の持つ心の闇を描いた、じわじわ迫るサスペンスホラーでした。薄ら寒さを感じながら読み進め、半… → https://t.co/THyXF3Fma8 #bookmeter
rizriz0371第4回日本ホラー小説大賞受賞作、人間の持つ心の闇を描いたサスペンスホラー。薄ら寒さを感じながら読み進め、半分を過ぎたあたりで、あれ?…まさか!えっ?!そうなんだ!と確信してからは怒涛の攻防シーン、そこからはノンストップでした。はぁ… https://t.co/eiYO0qgD6L
mys_sus_bot【スロット】死んだ契約者を転生へと導く少女を主人公とする第19回日本ホラー小説大賞を受賞した小杉英了の小説は?→先導者
Hasami_Nagasawaこの結論はとても大切で、だからこそ、例えば高見広春の小説『バトル・ロワイアル』が日本ホラー小説大賞の最終候補に残った時にはその内容が批判を集めて受賞を逃した、という例があったりする。 https://t.co/0dDTfnRgG2
quiztoomuch代表作に、第15回日本ホラー小説大賞で大賞を受賞した『庵堂三兄弟の聖職』や、第160回直木賞を受賞した『宝島』などがある小説家は誰でしょう? 答え:真藤順丈
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)