トップページ > 公募新人賞一覧 > 日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本ホラー小説大賞(にほんホラーしょうせつたいしょう)は、日本の公募新人文学賞。株式会社KADOKAWAと一般財団法人角川文化振興財団が主催している。

第19回2012年(応募総数:317)

大賞

第18回2011年(応募総数:811)

大賞

  • 該当なし

長編賞

短編賞

第17回2010年(応募総数:823)

大賞

長編賞

短編賞

第16回2009年(応募総数:683)

大賞

長編賞

短編賞

第15回2008年(応募総数:671)

大賞

長編賞

短編賞

短編賞

以前のデータ(全データ一括表示

日本ホラー小説大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.28 作家の読書道 第196回:真藤順丈さん

    ダ・ヴィンチ文学賞大賞の『地図男』や日本ホラー小説大賞大賞の『庵堂三兄弟の聖職』など、いきなり4つの文学賞に入選してデビューを果たした真藤順丈さん。その後も着実に力作を発表し続け、最近では戦後の沖縄を舞台にした一大叙事詩『宝島』を発表。骨太な作品を追求するその背景には、どんな読書遍歴が?

  • 2018.4.24 日本ホラー小説大賞、2作品を発表

    第25回日本ホラー小説大賞(KADOKAWAなど主催)が24日発表され、大賞に秋竹サラダさん(26)の「魔物・ドライブ・Xデー」と福士俊哉さん(58)の「ピラミッドの怪物」に決まった。

  • 2017.9.20 作家の読書道 第186回:澤村伊智さん

    日本ホラー小説大賞を受賞したデビュー作『ぼぎわんが、来る』(「ぼぎわん」を改題)が話題を集め、その後の作品も評判を呼んで日本ホラー小説界期待の新星として熱く注目されている澤村伊智さん。実は幼少の頃から筋金入りの読書家です。愛読してきたレーベル、作品、作家について、がっつりお話くださいました。読み応え満点!

日本ホラー小説大賞関連つぶやき

kemohure>ホラー書くのは損という価値観は過去の話になった日本ホラー小説大賞とホラーの専門文庫であるホラー文庫の存在も大きいですね。
decoybirdそういえばですが、明日からnoteの方に「彼女は森の暗がり」なる作品を投稿します。今はなき日本ホラー小説大賞に投稿して二次落ちしたやつです。長いので四回に分けます。お時間のある方はどうぞお付き合いいただければ。
yomyom_book【平山 夢明】(1961年11月17日)。日本の作家。ホラー小説、実話怪談のほか、監修、映画評論(デルモンテ平山名義)、映画監督、ラジオパーソナリティーなど、幅広く活動している。ポプラ社刊『ダイナー』で第31回吉川英治文学新人賞最… https://t.co/pNE8wk9gjz
anemone88888#オススメの小説『粘膜人間』飴村行さんのホラー小説巨体の小学生の弟の暴力に脅える兄は、弟の殺害を計画するエログロい描写が多いので、人に薦めにくく、好みが別れるが私はシュールで凄惨な世界を楽しめた独特の世界観だが文章が… https://t.co/IXnJs8268t
mys_sus_bot【スロット】死んだ契約者を転生へと導く少女を主人公とする第19回日本ホラー小説大賞を受賞した小杉英了の小説は?→先導者
u__suii日本ホラー小説大賞が映画化するのならば昨年優秀賞の奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけがこわい もメディア化するべきでは?(天才の発想)
KVZwxIXgvusWgP9読み終わった文庫本 #読了 織守きょうやさんの「記憶屋」第22回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞作#織守きょうや#記憶屋#角川ホラー文庫 https://t.co/YUrsBtIfe2
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)