トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小林久三

小林久三

小林久三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小林 久三|こばやし きゅうぞう|1935年11月15日 - 2006年9月1日は、日本の小説家・推理作家。脚本家、プロデューサーとしても活動した。本名読みは、こばやしひさみ。日本推理作家協会元会員。
茨城県古河市生まれ、県立古河第一高校から東北大学文学部へ進学する。野村芳太郎監督松本清張原作『張込み』を観て映画の道を志し、大学卒業後1961年に松竹大船撮影所に助監督として入社。シノプシス(原作の要約)作成の仕事を経て、喜劇を中心に多数の映画に脚本家としても名を連ねた。中では『吸血鬼ゴケミドロ』が今日でも有名だが、共同脚本の高久進は、後年『映画芸術』誌上で小林は会社のお目付け役で実際には執筆していないと語っている(小林は高久のSFセンスを絶賛している)。
1965年に松竹の合理化で助監督から脚本部へ、1967年に本社企画室に異動し、脚本執筆から遠ざかっていた1970年に短篇「零号試写室」で作家デビュー。1972年に冬木鋭介名義で書いた「腐蝕色彩」で第3回サンデー毎日新人賞推理部門を受賞し、続いて『黒衣の映画祭』『裂けた箱船』『殺人試写室』の映画撮影所三部作で推理作家として人気を得た。当時プロデュースした映画『狼よ落日を斬れ』の原作者である池波正太郎から「新人の間は編集者の注文を断ってはいけません」という助言を受け多くの作品を執筆。また松竹ではプロデューサーへと昇進する。
1974年には『暗黒告知』で第20回江戸川乱歩賞を受賞した。この作品は足尾銅山鉱毒事件がメインテーマとなっており、社会環境問題を題材に推理エンタテインメント小説に仕上げた腕が高く評価された。自衛隊のクーデター計画を題材にした『皇帝のいない八月』は、自身で監督をすることによって映画界に思い切りをつけるつもりだったが、松竹が山本薩夫を監督に推したため、それほどの巨匠に撮ってもらえるならということで身を引いた。
以後も精力的な執筆活動を展開してきた。
1980年には近藤昭二と共に、三億円事件の初動捜査で使用されたモンタージュ写真が別人であったことを、『文藝春秋』8月号に公表。
なお、1981年から1984年にかけて、松竹撮影所時代の思い出を「雨の日の動物園」と題して、雑誌『キネマ旬報』に連載。「キネマ旬報読者賞」を2回受賞した。助監督、脚本家としての小林は巨匠、名匠よりは早撮り職人のような叩き上げ監督につくことが多く、そうした人々の流転や人間性に多くの筆を費やしている。
2006年9月1日、脳梗塞により死去。享年70。

受賞歴

小林久三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2002.9.30 作家の読書道:第13回 東野 圭吾さん

    新作『トキオ』が出たばかりの東野圭吾さんが連載第13回に登場です。1作、1作、モチーフを変えながら、新しさあふれるストーリーで読者を楽しませてくれる東野さん。今回は親子の情愛を核に、タイムスリップや1970年代という時代、浅草という場所などの要素がからまりあって物語が展開します。東野さん自ら「集大成的作品」と呼ぶそんなストーリーには、もちろんこれまで読んでこられた本たちが、流れ込んでいたのでした。

小林久三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mitamon朝から小林久三「焼跡の兄妹」を読んで重すぎる気分に
MyDearOldFilms1978年松竹『皇帝のいない八月』:小林久三原作。ブルートレインによるロードムービー,自衛隊極右分子によるクーデター,吉永小百合をはじめとするオールスターキャストの三点盛りの大作。事件は未遂に終わるだろうとの予想を覆す後半部。カタストロフィーにシンフォニー,韻を踏む。
hit4boy小林久三『暗黒告知』日本初の公害事件である足尾銅山鉱毒事件を背景とした社会派ミステリです。田中正造の事績など歴史的事実を調べながら読み進め、背景そのものにいたく興味をそそられました。トリックが現実的かはありますが、顛末の意外性は堪… https://t.co/vGMV4uQERA
SZoo2010誕生日:ウィリアム・ハーシェル、岡本綺堂、エルビン・ロンメル、マントバーニ、浪越徳治郎、宮口精二、J・G・バラード、笹沢左保、ペトゥラ・クラーク、内田康夫、肝付兼太、小林久三、加藤みどり、神田川俊郎、内藤国雄、サム・ウォーターストン、ロベルト・カバリ、平松邦夫、遠藤ミチロウ、…
komoro_lib明日予定されていた佐久医療センター出張がん相談は感染拡大のため中止となりました。《今日の誕生日本》内田康夫 氏『長野殺人事件』 KADOKAWA https://t.co/KezmrZV4yq 小林久三 氏『父と子の荒野』… https://t.co/VS2CjJ1zro
eikama肝付兼太(1935年)声優小林久三(1935年)推理作家加藤みどり(1939年)声優『サザエさん』神田川俊郎(1939年)日本料理人遠藤ミチロウ(1950年)ミュージシャン中島啓江(1957年)オペラ歌手北… https://t.co/7NhrhAETRw
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    小林久三さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)