トップページ > 作家名一覧 > のから始まる作家名一覧 > 野沢尚

野沢尚

野沢尚さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

野沢 尚(のざわ ひさし、1960年5月7日 - 2004年6月28日)は、日本の脚本家・推理小説家である。愛知県名古屋市出身。愛知県立昭和高等学校、日本大学芸術学部映画学科卒業。テレビドラマの脚本で高い評価を受ける一方、ミステリー小説にも幅を広げた。北野武の映画監督デビュー作の脚本を手掛けたことでも知られている。1998年、『眠れる森』『結婚前夜』で第17回向田邦子賞受賞。
*シナリオライターになろうとしたきっかけは、中学時代から映画監督志望で、8ミリカメラで自主映画を作っていたが「映画はまずシナリオありき」と思い立ち、独学で始めたことであるという。
*シナリオの書き方は、月刊シナリオで書き方を覚え、倉本聰のシナリオ集を読み、そっくり文体を真似して勉強することから始めた。
*実際にプロになろうとしたきっかけは、第9回の城戸賞に佳作入選したことと、鶴橋康夫と奥山和由との出会い。
*トラブルは多い。『集団左遷』では東映批判を自身が連載の持っていた『シナリオ』で行い、連載を降ろされたといわれる。
*父親は、京都大学名誉教授で京都大学霊長類研究所の所長も務めた生物学者・野澤謙。作品中には父親をモデルとした学者が登場する。叔父にフランス文学者で元都立大教授の野沢協、祖父の兄弟に京都学派の哲学者の田辺元がいる。
*TBSのプロデューサー貴島誠一郎とは、『この愛に生きて』(1994年、フジテレビ系)、『恋人よ』(1995年、フジテレビ系)が『長男の嫁』シリーズと競合するなどライバル関係であったため、「彼からは絶対声がかからない」と思っていたという。だが、逆に貴島は以前から野沢に注目していたといい、後に彼の依頼で脚本を執筆した『青い鳥』(1997年)が放送された。
*自殺の2か月前に放送された『砦なき者』には、自殺をほのめかすかのようにテレビ業界への絶望が描かれている。
*自殺した際には知人に「夢はいっぱいあるけど、失礼します」との遺書が残された。

受賞歴

野沢尚関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.5.20 作家の読書道 第160回:薬丸岳さん

    005年に『天使のナイフ』で江戸川乱歩賞を受賞、以来少年犯罪など難しいテーマに取り組む一方で、エンタメ性の高いミステリも発表してきた薬丸岳さん。

野沢尚関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

seasuemalあ、うそ、高校生のとき龍時(野沢尚)買って読んだわ
chuchu_babeしかし、片瀬那奈といえばやはり『氷の世界』1999年なのだよ… いま思えば完全に研音丸抱えドラマなんだが、いまは亡き野沢尚が心血を注いだ本格ミステリー。全体を通じた厭世的でアンニュイなムードはすでに野沢の結末を予告するかのよう。こ… https://t.co/BgameYjVxv
nazedaro1@camomille0206 以前、G・ドパルデューの話でご返信頂いた者です。勝手にフォローすみません。野沢尚は繊細で、ネットの中傷に傷つくと、亡くなる前年くらいに書いていたのを覚えています。今の日本は彼の目にどう写ることでしょ… https://t.co/b3p9TarBnt
camomille0206立ち寄った最初の古書店で買った野沢尚のエッセイ集を開く。初見。自死したこの脚本家が「自分を超える」ことを痛々しいほど徹底して突き詰めていたことを知った。その繊細な知性と克己の勁さは、叔父の思想史家のそれを思わせずにはいられない。どこか運命の酷薄さのようなものを感じ、思わず瞑目。
mys_sus_bot【○×】 脚本家・長坂秀佳の江戸川乱歩賞受賞作は『浅草エノケン一座の嵐』である→○『破線のマリス』である→×【関連・○×】 脚本家・野沢尚の江戸川乱歩賞受賞作は『破線のマリス』である→○『浅草エノケン一座の嵐』である→×
77peace78内山さんのルーツに野沢尚という人がいるのとても分かるというか、ストンと何かが収まった。
ellis_bell0219今日は #翔んで埼玉 を観に行く。 MOVIX亀有 あの不祥事がなければ、 #魔夜峰央 作品初実写映画化は #パタリロ! になっていたはずなんだが。 「V.マドンナ」があるじゃん――と思った人いるかな? あれは原作が野沢尚で、魔夜先生はコミカライズしただけよ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
野沢尚さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)