トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 浅尾大輔

浅尾大輔

浅尾大輔さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

浅尾 大輔(あさお だいすけ、1970年5月8日 - )は、日本の小説家。
section = 1| date = 2022-08
愛知県新城市出身。母・えいこは元・新城市議会議員。豊川市議会議員の安間寛子は実姉。東栄町議会議員の浅尾もとこは配偶者。
名古屋大学法学部在学中の1992年、日本共産党創立70年記念の文芸作品募集に応募し、小説「ストレンジ・デイズ」が佳作入賞する。この作品は1993年に雑誌『文化評論』に掲載された。その後、しんぶん赤旗記者や日本共産党職員として勤務。その後は国公労連の専従職員としても活動した。1995年には第1回民主文学新人賞に応募、小説「ラウンド・ツウ」が佳作入賞。1997年、小説「ボンネットバス」で第1回伊豆文学賞優秀賞受賞。日本民主主義文学会に所属し、いくつかの作品を発表する。
2003年、小説「家畜の朝」が第35回新潮新人賞を受賞する。その後、評論家大澤信亮や画家増山麗奈らとともに、かもがわ出版から雑誌『ロスジェネ』を発行、2010年の終刊まで編集長をつとめる。
『論座』2008年9月号にて吉本隆明との対談が掲載される。
2009年、第1創作集『ブルーシート』を、朝日新聞出版から刊行。
2022年、初の連載小説『立春大吉』がしんぶん赤旗で9月2日より連載されている。

受賞歴

浅尾大輔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

浅尾大輔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kuwachan56日刊「赤旗」の読みどころは、連載小説の「立春大吉」だ。悩み苦しみながら病院を救う、愛と勇気と連帯の物語。作家、浅尾大輔の一発必勝作。愛知県の片田舎。町営病院を縮小する計画が保守自民らの議員ですすめられる。透析ができない。真実を伝えたい!ともこが決意。署名運動し病院は救えるか?
shigemaz連載中の小説については、感想を言わない主義者だけど、浅尾大輔「立春大吉」は面白い。刃文、地鉄が見事な輝きを放っている。鋼鉄は鍛えられた、ということでしょう。#立春大吉
kamiyakousetsu「批評など言葉を生業としてきた彼には、自分の言葉が政治の力によって痩せていくような警戒感があった」(浅尾大輔「立春大吉」)これはポリコレと表現の自由の問題であり、あるいはオタクとコミュニストという問題であり、その統一はぼくのテ… https://t.co/wTzhyuVbmG
minsei_touka日刊紙の連載小説、浅尾大輔さんの「立春大吉」とってもいい話で、毎日楽しみにしていますみなさんもぜひ購読してみてください#日本共産党 #しんぶん赤旗
BdykZy7O9HPzqRJどうも新聞小説苦手だ。浅尾大輔は好きだが、新聞小説なんて読んどれん。
RidersDragoonしんぶん赤旗日刊紙の浅尾大輔氏@blueseatcoverの小説「立春大吉」が今私の中でホットになっているどんな思いで普通の人々が立ち上がるのか若い議員はどんな仕事をしていくのかどの人物にも興味津々です
jcpchiba #しんぶん赤旗 連載小説の作家・浅尾大輔さんのTwitter。メイキングのような、解説のような。見逃せない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    浅尾大輔さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)